VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  お笑い:豆図鑑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豆の流通

■豆図鑑
誰もが気軽に飲んでいる健康飲料【豆乳】には、実は重大な秘密が隠されていた!
命知らずの著者が、禁断の都市伝説に迫る!独占レポ!
――――――――――――――――
★第一話 『豆の秘密』
★第二話 『豆の生態』
★第三話 『豆の調理』
★第四話 『豆の流通』
――――――――――――――――



前回までの豆図鑑で、豆という生物に対して、
読者諸兄から一定の理解は得られたモノと、私は確信している。
そこで本日は豆乳が食卓に並ぶまで、どのような工程を経ているのかを説明したい。

まず、前回までの記事を読んで、読者諸兄には疑問が浮かんだはずである。
「絶滅危惧種に指定されている動物からでは、あまり搾乳は期待出来ないのではないか?」
ご存知の通り、豆乳は豆という動物から搾取した乳が原料になっているが、
肝心の豆は熱帯地方の一部にしか存在しない、希少な生物である。
他には鹿児島県に生息しているくらいである。※1

ところが豆乳は、スーパーやコンビニエンス・ストアなどにて、安価で購入出来る。
一般消費者にとって、豆乳という商品そのものに、希少価値は感じない。
はたして豆乳とは、どのような工程で作られているのであろうか?

まず搾乳の仕方から説明していきたいのだが、
重要な点として、この時「牛からの搾乳」をイメージしてはいけない。
私達は豆乳と並んでポピュラーな、牛乳の製造工程を思い浮かべる時、
牧場で人間が乳搾りをしている場面を思い浮かべるかもしれない。
だが、これは豆乳の場合、明らかな間違いである。

豆は、人間の手による搾乳を拒否する。
その代わり、自分の意思で乳を搾り出すのである。
豆の気が向いた時に、好きなように搾乳して良い事になっている。
男性で言うところの自慰行為の感覚に近いだろう。

豆には飼育という概念がないので、農場という施設は存在しない。
なので、その多くは野良豆から提供された乳である。※2
提供された乳は工場にて加工され、豆乳という商品になる訳である。

ここで新たな疑問として生まれるのが、
「市場に出回る大量の豆乳は、野良豆からの提供だけで補えるのか?」
確かに野良豆からの提供に頼っていては、流通に乗せるのは難しいと感じるだろう。
しかし、豆の乳の特性が、この問題を解決している。

豆の乳は非常に濃いのである。
読者諸兄がよく知る「カルピス」という飲料があるが、
その原液を想像して頂きたい、瓶や紙パックに入っている商品だ。
その原液の2000倍は濃い。


※写真は御中元の季節に大活躍するカルピス。

豆の乳を原液のままで飲む行為は、人間にとって毒である。
実際に原液の状態では、非常に悪性の毒が含まれている。※3
商品にする際には、これを大量の水で希釈する。
少量の原液から大量の豆乳が製造する事が可能になるのである。

豆乳を飲んだ際などに「牛乳に比べて濃い」と感じる場面があると思うが、
当然、原液の状態は、その比ではない。
原液は、ほぼ半個体状態とも言える、ゼリー状の物体である。

また、この独特な濃厚さゆえに、
「豆乳は栄養価が高いのではないか?」
「豆乳は大豆が原料になっているのではないか?」

という都市伝説が生まれたのではないかとも考えられる。

実際には本来、豆の乳には人間に有益な栄養など含まれていない。
含まれているのは毒である。
しかし驚くべきは、先述の希釈の過程で毒は薄められ、
その結果、豆乳から人間にとって有益な栄養素が発現するのである。

それが皆さんご存知のドモサコモサエン酸B1(以下D-B1)である。
D-B1に関しては皆さんの方がよくご存知かもしれないが、
肌が綺麗になる・便通が良くなる・笑いが止まらなくなる・などの影響が出る。※4

人によってはバット・トリップする場合もある。
いくら水で薄めているとはいえ、やはり大量摂取は毒なのである。
よく豆乳の紙パックの壁面に記されている「一日の摂取量を守るように」とは、
このような理由によるものである。

ともかく大量に希釈された豆乳は紙パックに詰められ、
こうして大量の豆乳が、本日も商品となって、我々の食卓に並ぶのである。

※1:鹿児島件の一部地方では「三角豆祭」なる奉納祭が毎年開催される。
※2:何故、野良豆が乳を提供するのかは「象に対するライバル心」を考えて頂くと良い。
※3:豆汁の調理の際にも、この毒に注意しなければいけない。
※4:同じ症状は毒キノコによく見られる。
スポンサーサイト
[ 2007/06/25 23:40 ] お笑い:豆図鑑 | TB(0) | CM(0)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。