VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2007年06月

飢える皇帝 第三章



十月革命が勃発したのは、その年の七月中旬である。
何故それを「十月革命」と名付けたのかは、後世の詩人の一節による。
詩人は、その半月間に渡った革命を揶揄して「欠けたる月に神は無く」と詠んだ。
神無月とは本来、十月を表す暦だが、その詩が転じて「十月革命」と呼ばれるようになった。

「陛下、お逃げください!」

十月革命の最後の日。
井上の絶叫に似た声が聞こえた時、私は書斎にいた。
書斎と呼ぶには膨大すぎる量の本の中から、私はカレーライスを探していた。
この折になっても未だ、私はカレーライスを調べる事を辞めてはいなかったのである。

それは丁度、非常に良い文献を探し当てた時だった。
私はインド地方の文献に手を伸ばし始めており、香辛料のページを捲っていた。
するとどうにもカレーライスに特徴の似た記述を見付けたので、その写真を探していた。
どうしても一目、カレーライスの色を見てみたかったのである。

「陛下! 民衆が宮殿前に集結し、攻め込んで来ます!」

背後から井上の声が聞こえたが、私は今、此処で死ぬ事になっても、
カレーライスの写真が見られるなら悔いは無いと思い、決して動こうとはしなかった。
民衆が投げ込んだ石か、窓ガラスが割れる音が聞こえた。
続いて何発もの銃声。
怒声。

「お逃げください! 陛下! 陛下!」

井上の語気が急速に荒くなっていく。
私はページを捲る手を止めず、只、カレーライスだけを求めた。
階下から銃声が聞こえた。
民衆が宮殿に乗り込み始めたのだ。

「……陛下!」

突然、井上が、私の本を叩き落した。
私は従者の無礼な行動に、怒りと多少の驚きを感じ、思わず顔を上げた。
井上は私を見下ろす形で、黒髪と呼吸を均一に乱しながら、真摯な眼差しを向けていた。
井上は言った。

「陛下は此処で死んでも良いと言うのですか?
 それほどまでにカレーライスを求めて止まない貴方なのに、
 此処でカレーライスを見る事が出来たら、それで満足とでも言うのですか?
 生き延びてください、陛下。
 生き延びて、ご自分の口で、カレーライスを味わいなさい、陛下」

銃声は次第に近付いている。
外からは絶えず石が投げられ、窓ガラスの割れる音が聞こえる。
私は文献を開いたまま、井上の見上げ、そこから一寸も動けなくなってしまった。

「……朕の血は、カレーライスを寄せ付けぬ」

私は辛うじて口だけを動かし、そう伝えた。
井上は眉を少しだけ動かすと「……血?」と独り言のように呟いた。

「貴様が言った事であるぞ、井上」

「……私が? 私は陛下に何を言いましたか」

「朕の威厳に関わると。
 下賎の民の食べ物に興味を持ったり、
 以後、決して従者に問うたりしてはならぬと。
 だから朕は、自分の中に、この想いを秘めるしか無かったのだ」

「……嗚呼、馬鹿な陛下!」

井上は、私を抱き締めた。
手にした文献が床に落ち、それが何処のページだったか解らなくなった。
それでも厭な気分にはならず、それどころか私は、この期に及んで泣いていたのである。

「ならば陛下、やはり貴方は生き延びなければ。
 血を恨むならば、その血を捨てるのも、また結構な事。
 下賎の民に混じりて、カレーライスを口に出来る日も来るでしょう」

「朕は国を壊した。
 これ以上、生き続ける事など望めぬ」

「大丈夫、貴方は今日、此処で死んだ事になります。
 今すぐお逃げになってください。
 何も考えずに」

「どういう意味だ、井上」

「どういう意味でもありません、陛下。
 貴方は今、生き延びる事だけを考えなければなりません
 無事に生き延びたら、今日までの事を考え始めるのも良いでしょう。
 ですが今は、只、どうか生き延びる事だけを……」

扉の外で銃声が響いた。
大音量の怒声と足音が絶えず繰り返されている。
カレーライスを返せ! カレーライスを返せ! カレーライスを返せ!

「井上、共に逃げるぞ!」

しかし井上は、私の手を離すと、視線を扉に向けた。
そして呟く。

「いいえ、それは叶いません、陛下。
 私には此処で遣り遂げなければならない事があるのです」

「何故だ! 逃げろと言ったではないか!
 貴様が逃げないならば、朕も逃げる訳にはいかぬ!」

「血を恨むならば、その血を捨てるのも、また結構な事。
 ですが陛下、貴方の血は、私が守らなければ。
 それが私に与えられた務めなのです」

「……務め?」

「井上家に代々受け継がれてきた、私の血です」

井上は腰に挿していた拳銃を抜き取ると、扉の方向に構えた。
扉はドンドンと音を立て、今にも開かれようとしている。
怒声は止まず、窓ガラスは割れ尽くしていた。

「血を恨みはしないのか」

「……恨みはしません。
 私は私の血に従って、陛下、貴方を愛したのですから。
 私の指は何度もそれを求め、徹底的に届かない事を知りながら求め、
 そして今、陛下、貴方の為に捧げる事が出来るのです」

「……井上」

「本棚の後が逃げ道です。
 細い通路を抜けると、郊外の湖の畔に出るはずです。
 そこに辿り着いた時、陛下、貴方は自由です。
 カレーライスを食べる事も出来ましょう」

「……井上」

「……逃げて! 陛下! 早く!」

言いながら井上は振り返り、私に口付けをした。
井上の香りがした。
頬が濡れている事に気付いたが、私は何も言わなかった。

本棚を回転させた先に、秘密の階段が見えた。
私は井上に押されて、その暗闇に降りた。
すぐさま井上は外から鍵をかけた。
二度と戻る事は叶わなかった。


数秒後に、大音量の銃声が聞こえた。


それから先、再び太陽の光を浴びるまで、私は一言も発しなかった。
[ 2007/06/30 17:30 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

飢える皇帝 第二章



国は緩やかに堕落していった。
民衆は刺激を無くし、次第に仕事を放棄するようになった。
まず始めに地方の小さな靴屋が店じまいをし、一週間後に隣町の床屋が店じまいをした。
外を出歩く者が減ったから、身なりに気を使う者も減ったのである。

それから半年後には多くの町から商店街が無くなり、
電灯は夜でも消えたままになり、一年後には信号機も動かなくなった。
それから数ヵ月後には銀行が経営破綻し、私の国は、ほとんどが動かなくなった。

「カレーライス禁止法を廃止されては如何ですか?」

従者の井上が進言したが、時は既に遅い事を、私はよく解っていた。
民衆がカレーライスから得ていた刺激が、それほどまでに強烈だった事実を知るに付け、
私はより深くカレーライスに対する羨望を覚え、より深く民衆に対する嫉妬を覚えたのである。

「カレーライスが食べられないなら、ケーキを食べれば良いではないか」

私は宮殿の回廊を歩きながら、空を眺めて呟いた。
それは実に青く澄んだ空だった。
私は「カレーライスに、この青を表現する事は可能であろうか?」と考えた。
だが恐らくカレーライスには造作も無い事なのであろう。
カレーライスは自由なのだ。

国が動かなくなろうと、私の生活に変化はなかった。
毎日、同じ時間に起床し、同じ時間に入浴し、同じ時間に睡眠する。
時に女中を抱く夜もあるが、ほとんど私は動かない。
それから同じ食器で食事をする。

嗚呼、喩え満天の星空の全てが私のモノだとしても、私は満たされないだろう。
全てが私の両手では抱えきれぬほど満たされていたとしても、私は一億光年分、虚しいだろう。
本当に欲しいモノだけが決して手に入らないと悟った時、それほど虚しい事が、他にあるだろうか。
私は生まれを呪い、血を呪い、カレーライスを愛する民衆を恨んだ。

私に愛する事が叶わないのならば、他の誰も愛してはならない。
私だけが愛するカレーライスで無いならば、他の誰に愛されてもならない。
全てが緩慢に滅び行くならば、喜んで共に滅びようではないか。

「陛下、暴動が起きようとしています」

従者の井上は、この一年で随分と痩せたように見える。
痩せても尚、私の元から離れようとしないのは、受け継がれた立場によるものか。
生まれを憎み、血を憎んだりはしないのだろうか。

「制圧せよ、朕は国家である」

私の一言で戦車隊は出動し、町は燃えた。
銃声が三日三晩、鳴り止まず、四日目に何も聞こえなくなった。

「陛下、私達は一体、何処へ向かっているのでしょうか」

井上は窓の外を眺め、小さく呟いた。
大きな窓の右端に満月が浮かんでおり、井上の髪を照らしていた。
それから月光は、井上の細い肩を撫でるように滑り落ち、真紅の絨毯に染み込んでいった。

「井上、脱げ。
 朕は貴様を抱きたくなった」

振り返った井上は何も言わず、喉元の牡丹を一つ外して、私を見た。
衣服は月光のように滑り落ち、白い肩筋が見えた。
それから小さく一礼して、目を閉じた。

井上がいなくなった窓辺から、細く伸びる煙が見えた。
満月に向かって、煙が伸びている。
決して届く事はない。

十月革命が勃発したのは、その四日後である。
[ 2007/06/30 10:37 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

飢える皇帝 第一章



私はカレーライスが好きだ。

だけれど生まれて今日まで、一度たりとも、カレーライスを食べた事が無い。
風の噂によると、それは刺激的で実に美味い食べ物らしい。
豊潤な香りが、食欲の扉を叩くのだ、と聞く。

どうやら私以外の者達は、大抵、食べた事があるらしい。
それも一度や二度ではなく、場合によっては毎日食べると言う者もいる。
それは何処で食べられるのかを訊いてみたいのだが、立場的に訊く事が出来ないでいる。

カレーライスの色は一般的に茶色だとか黄色だとか言われているようだが、
中には緑色だったとか、白色だったとか言っている者もいる。
七色に変化するとは、まったくもって不思議な食べ物である。

「緑色のカレーライスとは何だ、井上」

一度だけ、私は勇気を振り絞り、従者の井上に訊ねた事がある。
井上は暫し驚いた表情をして私を見詰め、それから「何処で聞いたのですか?」と言った。
私は「民衆の好みを知っておかねばならぬ、民衆の気持ちを知らずに、何が統治者か」を嘯いた。

その時の私は、日頃から溢れ出んばかりのカレーライスへの愛情を、
誰にも悟られるまいと必死で顔を隠しながら、器用に舌なめずりしているような有様だった。
カレーライスの事を知りたくて仕方が無く、カレーライスに興味津々で、
だが、この機を逃せば、次は何時、他人に同じ質問を唱える事が出来るか解らなかったのだ。

「井上よ、政治を何と心得るか。
 政治とは民衆であり、また民衆とは政治である。
 井上よ、朕が政を治めるならば、それは民を治めるという事だ。
 朕が国家なのではない、民が国家であり、朕は民の一部である。
 民の好みは朕の好みだ。
 今一度訊く、緑色のカレーライスとは何だ、井上」

井上は「恐れ多い」と、自らの頭を真紅の絨毯に押し付け、何故か土下座をした。
私は求めた回答と行動が一致しない事が気になり「頭を上げよ」と言った。
すると井上は更に強く絨毯に頭を押し付けようとするので埒が開かず、
とにかく緑色のカレーライスの答を教えてくれないか、と優しく言った。

「それはホウレン草を使ったカレーライスです」

井上の回答が、私のカレーライス像を一層混乱させる。
ホウレン草を使ったカレーライス。
ホウレン草を使わないカレーライスを知らない私にとっては、
ホウレン草を使わないカレーライスが一般的だという事実さえ初耳だったのだ。

「それでは井上、一般的なカレーライスには、何を使うのだ?」

ところが井上は「カレーライスには決まり事のような作法はありません」と答えた。
要するにカレーライスには何を使っても自由だ、と言ったのだ。
世の中にそんなモノなどあるのだろうか?

私にとって決まり事の無いモノなど在り得ない。
全ては何らかの法則に乗って行われるべきであるし、その法則を見付けなければならない。
見付けた法則に従って法律を作らなければならないし、刑罰を考えなければならないのである。
私の起床時間と睡眠時間は決められており、毎日同じように起床し、睡眠する。
私の入浴時間も、入浴の際に女中が何処から洗浄するのかさえ、全て決められている。

同じように私の食事は毎日、同じ人間が、同じ厨房で、同じ道具を使って調理し、
毎日、同じ食器に盛り付けるように指示している。
勿論、料理の内容は私の体調や嗜好によって変化するものの、同じ事である。
何らかの法則に従っている事に変わりは無い。

「カレーライスは安くて卑しい食べ物です。
 私共のような下賎の民が興味を抱く必要はあれども、
 陛下のような身分の方が興味を抱く必要がある食べ物ではございません。

 陛下の威厳に関わります。
 以後、決して従者に問うたりしてはなりませぬ。
 そうして二度と、そのような料理に興味など持たれませぬよう」

井上は頭を下げたまま付け加えた。
だが私にとって、その注釈は非常にどうでも良い注釈であった。
決まり事のない食べ物など、本当に存在するのだろうか?

私の中のカレーライス像は日に日に膨らむばかりで、
堪らず私は書斎に入り浸り、カレーライスに関する文献を漁るようになった。
ところが探せども探せどもカレーライスの記述は何処にも見付からず、
代わりに「幻の珍味」だとか「世界の名物」と呼ばれる高級料理の写真ばかりが立ち並び、
そのどれもが私が日頃から食べ飽きた料理ばかりだったので、落胆した。

だから私はカレーライスが好きというよりも、カレーライスに憧れているのだと思った。
世界の全ての料理を口にする事が出来るのに、唯一、カレーライスだけが口に出来ないのだ。
私という名の魂が、奥底から欲して止まないカレーライスだけを、口にする事が出来ないのだ。
私は民衆に嫉妬と羨望を覚えるようになった。

民が国家であり、私が民の一部であるならば、私がカレーライスを口に出来ない事は、
不平等以外の何物でも無いではないかと考えるようになった。
そこで私は「カレーライス禁止法」を定めた。

香辛料の輸入を禁止したのである。
カレーライスには何種類もの香辛料を使用するらしい。
その刺激的で豊潤な香りが、食欲の扉を叩くのだ、と聞いたから、
私は民衆から刺激を奪う事にしたのだ。

私が知り得ぬ刺激を、民衆が知っている事実が許せなかったのだ。
私ほどカレーを求めて止まない人間はいないというのに。
私は嫉妬にかられ、民衆を憎み始めてさえいた。
手に入れられる宛のない羨望ほど、残酷なものは無いのだと思う。

私は、私の手に入らないくらいであれば、
いっその事、カレーライスを消してしまいたくなったのだ。
そうすれば誰の手にも入る事なく、それで私は安心する事が出来たのである。

そして国は荒れた。
[ 2007/06/30 09:34 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

大仏師匠 023

問 ⇒ 師匠。 軽量化とは、煉獄における魂の重さの話でしょうか。



「いや、ミニ四駆の話やね」

チ~ン。
[ 2007/06/30 00:55 ] お笑い:大仏師匠 | TB(0) | CM(0)
目次
★説明




★短編






★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR