VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2007年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彼女はモスキート。 第二二話

小さな絵が飾られた小さな部屋を出ると、正面玄関が見えた。

小さな部屋から正面玄関に至るまでの通路は通路と呼べず、
真白な壁は至極普通の蛍光灯で照らされており、
絵画は一枚も飾られて居なかった。

彼女と僕は美術館の内壁を器用に一周してきた形になる。
正面玄関に出ると、彼女は「戻ってきた」と言った。
しかし世界は先程とは間逆の状態だった。

右の絵は白。
恐らくは女。

左の絵は黒。
恐らくは男。

其の中央を、白と黒を纏った彼女が歩いて往く。

其れ等の全ては、前衛的な風景とは言えなかった。
僕は強烈な既視感を覚えながら、高熱と悪寒をぶら下げて歩いた。
呼吸に合わせて鼻水が垂れて来た。
もう風邪に間違いない。




1678058_212.jpg

第二二話 『彼女と美術館(具象と色彩/参)』




「風邪ひいた」

「知ってるよ」

「寒気がする」

「知ってるよ」

彼女は「自分から言うのが遅すぎる」と言いながら僕を一瞥した。
僕は「喉も痛くなってきた気がする」と言った。

彼女は大きなウェスト・ポーチの中から小さな缶を取り出すと、
水色の飴玉を一つ取り出して、僕の口の中に入れた。

出口を通過しながら「今は何時かな?」と、彼女が言った。
壁に貼られたポスターには「具象と色彩(その創造)」と書かれて居た。

僕は美術館の前に立つと、口の中の飴を噛み砕いた。
水色の飴は嬌声のような音を残して、すぐに溶けた。

其れは唾液と共に喉を経由し、胃に到着し、
ほんの暫しの間、其処に留まる事となった。

「あ、何で噛んじゃうの!」

「噛みたかったから」

「子供ね、君は」

世界から隔離するように、外周には無数の木が植えられて居る。
建物は緩く曲線を描くように、全体的に丸みを帯びて居る。
入口には鉛で円を描いたような、螺旋の形の物体。

其れは妙な清潔感を漂わせた美術館だった。
交通の便は良く、流通の中心地を少し離れただけだが、
奇妙な程に人通りは少なく、音の少ない土地に、美術館は佇んで居た。

美術館の前を、一日に数本のバスが通過する。
西側に五分も歩けば、地下鉄の駅が存在する。
駐車場は無い。

市の中心部から少し離れた音の少ない土地に、
白色の壁に包まれた、清潔感の漂う美術館が佇んで居た。

空は雲に覆われ、灰色だった。
彼女は外気の温度に身を震わせて居たが、
僕には今が、熱いのか、寒いのか、よく解らなかった。

「あ……」

彼女が短く呟いた時、世界は何時何分だったか。
其れから、何秒間、彼女の声は世界に響いて居たか。
僕は朦朧と混濁を伴った意識の中で、彼女の横顔を眺めた。
彼女の顎と、首筋と、黒髪が、綺麗な曲線を描いて居るのが見えた。
背景に、白。

「雪……」

彼女が短く呟いた時、世界は何時何分だったか。
其れから、何秒間、彼女の声は世界に響いて居たか。
僕は朦朧と混濁を伴った意識の中で、彼女の黒髪を眺めた。
彼女の目と、鼻筋と、耳朶が、綺麗な曲線を描いて居るのが見えた。
背景に、白。

「初雪だよ、吉川くん」

僕の頬に何かが降り落ちた気がする。
彼女の台詞が真実ならば、恐らく其れは雪だった。
雪は僕の頬の上で簡単に溶けたので、僕は今、高熱だった。

噛み砕いた飴玉の甘みが、まだ残って居た。
其れから彼女の唇の温度も。
雪の温度も。

「初雪だよ、吉川くん、聞いてる?」

「冷たいな」

「ほぉ、其れは良かったね、吉川くん」

「冷たいな」

「冷たさを感じられるのは、良い事よ、吉川くん」

「何で?」

「私の手、温かいでしょ」

僕は「ははっ」と短く笑ったけれど、彼女の手を離しはしなかった。
急激な速度で赤色から白色に染まろうとする世界の中で、
彼女の手は、唯一の真実のような気がしたから。

「誰かと二人で初雪を見るのは初めてだ」

僕が言うと、彼女は笑った。
何時だって初雪は、決まって授業中に降ったような気がする。
授業中に降り始めた雪を、何時だって最初に発見したのは、先生だった。

先生は教科書を片手に持ちながら、不意に窓の外に目をやる。
其れから「おい、雪だぞ」なんて台詞を、妙に間延びした声で言うんだ。

其の声を合図にして、僕等は窓の外を見た。
本当だ、雪が降って居る。
初めての雪だ。

「来年も、初雪は誰かと一緒に見たい?」

「来年も?」

「毎年ね、初雪は誰かと一緒に見たい?」

「今年の初雪が、今、降り始めたばかりだよ」

そう言うと、僕は笑った。

其れでも僕の手は、彼女の手を離そうともせずに。

降り続ける初雪を眺める事を、止めようともせずに。
スポンサーサイト
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。