VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2008年07月
月別アーカイブ  [ 2008年07月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)



今日で七月も終わり。
言わずと知れて、月日の流れは早い。
夏が好きな人には申し訳ないけれど、僕はこの季節が嫌いだ。
世間中が何となく浮かれている雰囲気も、何かが始まる予感に胸を躍らせている空気も、本当に嫌いだ。
誰に向けられているという訳でも無い、この漠然とした、フワフワとした期待感が嫌いだ。

それでも、行きもしない夏祭りだとか、見もしない花火大会だとかの噂を聞いたり、
車の中が異様に暑かったり、何処からか虫が鳴いていたり、午前中から小学生が外で遊んでいたり、
フジの27時間テレビだとか、ラジオ体操のカードだとか、ワタアメの袋だとかを見ると、少し楽しい気分になる。
自分とは関係の無い世界だ、と思いながらも、少し懐かしくて、少し羨ましい気持ちになる。

嫌いという事は、何処かに原因があるのだ。無関心なのではなく、嫌いなのだ。
もしかしたら好きなのかもしれなく、子供の頃を思い出すと、僕の記憶の風景は夏ばかりだった。
近所の公園で友達と遊んだ日も、自転車で遠くに見える記念塔を目指した日も、サッカー少年団の試合も、
汗かいて飲んだスポーツドリンクの味も、すぐに思い出せるそれは、全て夏の記憶だった。

嫌いになると、遠ざけてしまうのだ。好きだったから。
考えてみると、確かに僕にはそういう習性がある気がする。食べ物の好みにしたってそうだ。
子供の頃、僕は結構、そばが好きだった。
子供にしては渋い趣味だが、ハンバーグより、カレーより、スパゲッティより、僕はそば好きな子供だった。
外食する時も、満面の笑みで「そば!」と言うような、ちょっと変な子供だったのだ。

ところが、ある日、僕は新聞で「そばアレルギーで亡くなった子」の記事を読んだ。
その日以来、今日まで一切、そばを口にしていない。食べられなくなったのだ。嫌いになったのだ。
大人が聞いたら「何で?」と思うだろうけれど、多分、その亡くなった子に気持ちを重ねすぎたのだ。

夏が嫌いならば、嫌いになった理由があるのだろう。
別に思い出そうとは思わないし、今すぐ解決しようとも思わないが、きっと昔は好きだった。
夏が好きだと言う人を見ると「そうか、気持ちは解るぞ」という気分になる。夏には良い所も沢山あるのだ。

明日から八月が始まる。
夏の良い所を、少しでも感じられると良いなぁと思う。
スポンサーサイト
[ 2008/07/31 14:54 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。