VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2011年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

走る鳥男

夢の中で 男は鳥だった。


墜ちる感覚など覚えず

畏れる感覚など知らぬ

翼を広げて空を滑る 極彩色の鳥だった。



352.jpg



目が覚めると 男は鳥だった。


身体中に 羽が生えていた。

夢の続きかと目をこすったが

どうやら真実本当らしかった。


目が覚めると 男は鳥だった。

ところが飛べない鳥だった。

己の身体をまじまじ眺めた。


翼は在るが短く

爪は在るが鈍く

頼りないクチバシでは

もう歌うことも出来ぬ

名も知らぬ灰色の鳥だった。


唯 人間らしいのは

そうした思考と身長だけで

人語を解し現状を解すれど

もう鳥で在ることに変わりはなかった。


人に戻らなければ という苦悩も

どうして鳥になってしまったのか という疑問も

家賃や光熱費を支払わなければいけない という不安も湧かず

今日は仕事に行かなくても良いのだと思うと 少しだけ気が楽になった。


目が覚めたら 虫になっていた男 の小説を知っているが

題名を聞いたことがあるだけで読んだことはなく

結局 何の参考にもならないと思った。


鳥になってしまったのだから

鳥として生きなければならず

不思議なことに 其れ以上の不安はなかった。


鳥として生きる ということは

なにかを食べること どこかで寝ること。

なにかを着ることは あまり必要ない。

其れから どこかを飛ぶこと。


飛べるのか と 男は思った。


男は 人間だった時と同じように

布団から起き上がり そして立ち上がり

部屋の小さな窓を開けようとしたところで

もう自分が人間の身体でないことに気が付いた。

窓の鍵を開くことさえ 酷く不自由だったからだ。


其れで男は 飛べない鳥 だった。


翼は在るが短く

爪は在るが鈍く

頼りないクチバシでは

もう歌うことも出来ぬ

名も知らぬ灰色の鳥だった。


仕方がないのでソファに座り

腕を組もうとしたが 腕が無いので

溜息を吐いて 煙草を吸おうとしたが 指も無く

もう煙草は吸えないので 初めて少しだけ 其れを悲しいと思った。
スポンサーサイト
[ 2011/07/27 18:59 ] 小説 | TB(-) | CM(0)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。