VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2012年02月
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

S

スワップしてさ ボクラの感情。

君の痛いトコなんて 僕 知らないからさ。


スラっとしたさ 手足の長い 女の子が

やけに高いトコから 飛び降りようとしている。


スキップしてさ ボクラの記憶。

君は何で泣いてたんだっけ よく解んないな。


スカっとしたさ 弾ける炭酸水みたいに

やけに硬いトコから 突き抜けようとしている。


地下鉄は 地下を走る。

やがて 何も 見えなくなった。

今にも地上では 何かが 沸き立ちそう。


耳を澄ませ。

目を凝らせ。


真っ赤な 色 が見えるが

其れに騙されてはいけない。


走る為に走る。

飛ぶ為に走る。

飛ぶように 走る。

飛べなくても走る。


ステップしてさ ボクラの日常。

飛べなくても 良いじゃないか。

君の居たいトコならば 僕 知ってるからさ。
[ 2012/02/18 02:29 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)

チョコレートとミサイル

甘いチョコレートよりも

騒いだロックを聴かせておくれ。

見えないミサイルが ボクラを殺そうとするから

何だかボクラは どうしようもない。


衝動的な リズムの上で

一直線に 夢を見る。

固体と 液体の 中心で

また 手を 汚してる。


今日という 一日の中で

たった一秒 僕の事 考えてはくれないか。


今日という 一日の中で

たった一度 僕の名を呼んではくれないか。


チョコもロックも気休めだから

たった一生 君と手を 繋ぎたいんだ。


きっと僕は ミサイルだって ぶち壊せるよ。
[ 2012/02/13 12:03 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)
目次
★説明




★短編






★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR