VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラジオ、その後に。

えー、消臭剤みたいな題名ですけれども。

昨日はラジオの最終回でした。
……という書き出しの雑記を書いていたのですが、
気が付けば仕事に忙殺され、二週間ほど過ぎていたのでした。
Hey、みんな元気かい?(ラブラブ愛してます)

さて、はて、それでは。
遅ればせながら、ラジオ最終回の話でも。

思い切って10分くらい小説の朗読をしてみたり、
皆が書いてくれた労いのメッセージを読んだり、
普段とは違った試みもしながら、無事に終了。

最後の瞬間は意外と呆気なく。

普段は、
「本日も最後までお付き合いありがとうございました、感謝!」
などと言って締めるのがお約束だったのですが。

最後に「感謝!」と言った瞬間、
「あ、終わっちゃった」と思いました。
「あ、ついうっかり言っちゃったテヘペロ」みたいな感じでした。

何かを終わらせるというのは、思いの他、呆気ないモノなのだ。
かと言ってそれは必ずしも悲しいことではないし、虚しいことでもない。
友よ、思い出より 輝いてる 明日(あす)を信じよう。
そう、卒業とは 出口じゃなく入り口だろう、と秋元さんが言ってるので、
まぁ、多分そういう感じなのだ。

古い季節が終わり、しかし同時に新しい季節が始まっている。

やり残したことは無いか。
伝え切れなかったことは有るか。

最近、特に思うのだけれど。
必要な出来事ならば、必要な時期に訪れるよ。
焦るな。

やり残したことや、伝え切れなかったことを、悔やむことはない。
ゆっくりと形を変えながら、しかしその機会は、再び僕等の元を訪れるだろう。
その時に失敗しない自分に成長しておくことだよ。

そうは言っても、後悔は少ない方が良いからさ。
出来るだけ、精一杯に、今この瞬間を大切にしておくことだ。

一年間と少しの間、
本物の電波に乗せてラジオをやらせて頂けて感じたことは、
言葉を伝えることの難しさ、もどかしさ、恥ずかしさ、それから、楽しさ。

言葉は楽しい。
それは今、僕等が繋がろうとする気持ちの形に、他ならないからだ。
言葉は万能ではない。言葉なんか信用できない時もある。
言葉なんて肝心な時ほど、何の頼りにもならない。
しかし、言葉は楽しいよ。

それは今、僕等の気持ちが、確かに存在しているからだろう。
それに触れようとし、触れて欲しいと願う、形だからだろう。
だから僕は、この言葉を、今一度、伝えよう。

感謝。
スポンサーサイト
[ 2012/03/27 16:37 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。