VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2012年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラインド・タッチ

スモーキー・マウンテンを覚えてるかい。

あの靄が晴れたらボクラ

何処へ行きたかったか、覚えてるかい。


火星と土星が並んだ夜に

君は何を考えて居ただろう。

スピカは僕を導いたりしない。

只、酷く輝いて見える。


スモーキー・マウンテンを宇宙から眺めたって

あの頃のボクラには、何も見えやしなかった。

何の為に飛んだのかって、僕は考えたんだ。

其れで飛ぶのを辞めた。


(抱きたい女と、一緒にイキたい女は、違うんだよ。)

(何それ。)


快楽にフケるには

其の本質が見えなければ見えないほど良い。

其れが見えないことに興奮し

其れを見る為に求める。

其れが隠れて居れば、隠れて居るほど良い。


一緒にイキるには

其の全てが見えて居なければならない。

其れが見えていることに安心し

やがて見えなくとも感じられるようになる。

自分の指の位置を見なくとも知って居るように

やがて自然と知るようになる。


(ブラインド・タッチできる?)

(え?)


幼い頃に正しいと信じた物事が

間違いだったと知る場面があるし

幼い頃に間違いと責めた物事が

正しかったのだと知る場面があるよ。


今ならば上手く出来ることは

今だから上手く出来ることさ。


(勝手ね。)


そう。

僕は勝手だ。

そして驚くほど自由だ。


飛ぶのを辞め

見るのを止め



僕は自由だ。


スモーキー・マウンテンを宇宙から眺めたって

あの頃のボクラには、何も見えやしなかった。

何の為に飛んだのかって、僕は考えたんだ。

其れで地面を歩くことにした。


スモーキー・マウンテンを覚えてるかい。

あの靄が晴れたらボクラ

何処へ行きたかったか、覚えてるかい。


今も火種は燃えて居るかい。

燃えて居るなら、やがて広がるだろう。

地球が回転する限り、やがては風も吹くだろう。


高く、高く、高い場所から

低く、低く、低い場所まで。

其の中央に広がる、平坦まで。


僕は歩こう。

やがては辿り着くだろう。

きっと此の指に触れるだろう。


火星と土星が並んだ夜に

君は何を考えて居ただろう。

スピカは僕を導いたりしない。

只、酷く輝いて見える。


空中に、ブラインド・タッチする。


其れで僕は、たまに鼻歌を唄う。
スポンサーサイト
[ 2012/08/29 06:47 ] 小説 | TB(-) | CM(0)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。