VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2013年02月
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

惑星/3

何年前だったかな。

今は東京でライターをやっている後輩が
ある時、僕に聞いたことがあった。


「尊敬している人は誰ですか?」


あれは確か
サンボマスターのライブか何かを
ふたりで観に行った日の、帰り道だったと思う。

信号待ちの途中だった。
点滅する青い信号を眺めながら
僕は暫し考えて、それから、こう答えた。


「飯野賢治かなぁ……」



※ ※ ※



飯野賢治が死んだ。
初めは悪趣味な冗談だと思った。

その名前を聞いて容姿のイメージを浮かべる人もいれば
懐かしい何個かのゲームの名前を浮かべる人もいるかもしれない。

僕にとっては、ある一時期、最も影響を受けた人。

あの頃、部屋の片隅で何度も繰り返し読んだ
飯野さんの「ゲーム」という自伝を、今も大切にしている。
飯野さんの自伝を読んだ後、僕は「方法序説」を買いに走った。

飯野さんが良いと言った本を読み
飯野さんが良いと言った音楽に興味を持った。

きっと僕の脳味噌の、少なくとも何パーセントかは
飯野賢治によって作られた、と思っている。

例えば矢沢永吉――
永ちゃんの自伝「成り上がり」を
人生のバイブルだという奴は多い。

僕にとっては「ゲーム」が、それだった。
文章の書き方というか、言葉の置き方というか
そういう部分も、多分、大きな影響を受けている気がする。

それからテレビの「ゲームの惑星」を毎週、楽しみに観ていたな。
宇宙ッテルが欲しかった。

それから
それから

もしも誰かに
「今までプレイした中で、最も面白かったゲームは?」
と問われたら
僕は何の迷いもなく「風のリグレットだ」と答えるだろう。

画面の無い、音だけのゲーム。
僕にとっては今でも、あれが最高のゲームだ。

ツイッターに登録したとき
最初にフォローしたのも飯野さんだったし
NORWAYの一連の流れも、リアルタイムで追っていた。

ある一時期
死んだみたいに生きていた僕にとって
大きな熱と重力をまとっていた、飯野賢治は憧れだった。

――こうした僕の想いを
少なからずご本人に伝えることが出来たのは
今の僕にとって救いだ。

あれは2007年頃だったと思う。
飯野さんがこっそりmixiに登録している時期があった。
いや、アカウント自体は今も存在している。

ある時、偶然、それを知った僕は
思わずものすごく長いメッセージを送った。

僕は自分の想いを上手く伝えられないことを案じて
メッセージの中に、以前に自分のブログで書いた
飯野さんに関する記事を載せておいた。

すると、後日とても丁寧な返信が届いた。
飯野さんから、僕の為だけに届けられた言葉だった。
内容は、飯野さんと僕だけの秘密だ。

飯野さんは
「これは秘密だけれど(-:」
と冗談めかして
いくつかの制作秘話を教えてくれた。

今、本当に小さな秘密だけれど
飯野さんと僕の中に、それを(一方的に)持っていることが
嬉しくて、悲しい。

僕が唯一、ファンレターを送った男。

飯野さん。
コギト・エルゴ・スムを
僕はデカルトではなくて、貴方から教わりました。



そして今、僕は貴方のことを、徒然と考えているんだ。



惑星
惑星/2
飯野賢治氏死去(ゲームクリエーター、フロムイエロートゥオレンジ社長)
(時事通信社 - 02月21日 21:01)

[ 2013/02/22 01:19 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

リハビリ

別に言いたいことがあった訳でもなくて。

只、目の前に鉄砲があれば
数分間の疑問の挙句、僕は手に取り
周りに誰も居なければ、きっと最後に撃つだろう。

其れは、僕は君を知っていて
なのに君は僕を知らないっていう
この不条理さにも似ていてね。

要するに


「理由なんて無いよ」


目的や意味も無い。

僕等は随分と長い間
全ての物事には存在する理由があって
同じく目的や意味があるのだと信じてきたのだけれど
恐らく正解は反対で、全ての物事には


「理由と目的と意味だけが無いの」


全てが混沌として、煩雑として、自由だった。
本当の自由ほど、残酷なことはない。
僕等は宙ぶらりんだった。
最初の糸を切られて、そして泣いた。

例えば産まれた瞬間に、本当に欲しかったモノを持っていて
例えば産まれた途端に、大切な欲しかったモノを手放すならば。

僕等は最初に失ったモノを
もう一度
自分で見付けて手に入れる為に
残りの時間を捧げていくようなモノだよ。

まるで不条理だな。
そして理由なんて無い。

只、其れは失われたんだ。
目的も意味も無い。

其れで僕は
全く何の理由も、目的も、意味も無い空間に
理由と、目的と、意味を見出そうと考えたんだ。
もう一度言うよ。

例えば産まれた瞬間に、本当に欲しかったモノを持っていて
例えば産まれた途端に、大切な欲しかったモノを手放すならば。

僕等は最初に失ったモノを
もう一度
自分で見付けて手に入れる為に
残りの時間を捧げていくようなモノだよ。


「まるで馬鹿げているね」


扉を閉めて。

カーテンを閉め切った部屋の
鼻を突く湿った臭いが嫌いだ。
しかし、もう慣れた。

慰めるような声と視線。
一体、あとどれくらい、此処に居る気だ。
少女は縛られたまま、笑った。


「気の済むまで続けるのでしょ」


別に言いたいことがあった訳でもなくて。

只、目の前に鉄砲があれば
数分間の疑問の挙句、僕は手に取り
周りに誰も居なければ、きっと最後に撃つだろう。

其れは、僕は君を知っていて
なのに君は僕を知らないっていう
この不条理さにも似ていてね。


「ところで君は誰?」


だから僕は、きっと最後に撃つだろう。


激鉄。

衝動。

開放。

短い後悔。

憐憫。


誰にも知られないままで居て欲しい。
だけど君には、最期の瞬間まで知って欲しい。
僕を知って欲しい。

少女は手首の手錠を鳴らし
首を動かし、上目遣いに僕を見ると
弄ぶように、ジャラジャラと、また笑った。
[ 2013/02/10 17:24 ] 小説 | TB(-) | CM(0)
目次
★説明




★短編






★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR