VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2014年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘザーグレイ

ヘザーグレイ

間接照明。
観葉植物。
大きな窓。
小さな胸。
長い髪と細い手足。

「ね、いつからね、あたしのこと」

「ん?」

「あたしのこと、ね、覚えてた?」

コトコは、まるで僕が何も知らないとでも言うように
其れでいて、自分自身の存在を確かめるみたいに
僕に、まるで意味不明な質問をした。

「いつから覚えてたと言われても困るけど」

「うんうん」

「少なくとも今日まで、忘れたことはないよ」

ヘザーグレイのラフなショートパンツ姿のコトコは
柔らかな肢体を伸ばし、深くストレッチをしながら
六秒間の沈黙の後で、顔を上げて、言った。

「つまんないの」

「何が?」

「いや、別に、大丈夫」

コトコはペットボトルのお茶を口に含んで
ソファに放り投げていたリモコンを掴むと
普段は観ないテレビを点けた。

「何だ、それ」

「え、何が?」

「今、何もやってないよ、テレビ」

「つまんないの」

これから寒くなる僕等の季節に
コトコの薄いカットソーだけでは、寒そうだった。
ところが僕は、彼女を温める方法というのを、知らなかった。

僕等には、方法が必要だった。
人生を上手くこなす為の、知識と経験が必要だった。

しかし、こなすべき人生の色も形も知らないのに
どうやって重さを知れば良いのか。
其れが解らなかった。

重さを知ることもなく、方法を知ることは出来ない。
重力を感じずに、宛もなく浮かんでいるだけの、僕等の世界は。
僕等の日常は。

「つまんないよ」

「深夜ニュースだからな」

「つまんないな」

今夜、誰が救われ、誰が苦しみ、誰が悲しんでいるだろう。
ニュースの中は特別なことだらけなのに、僕等には無関係だった。
当然だ、僕等は、僕等のことを何も――

「知らない」

「ん?」

「……のと、忘れてないのと、覚えてないの」

「うん」

「どれが一番うれしい?」

今夜、誰かが救われ、誰かが苦しみ、誰かが悲しむだろう。
誰かにとって特別な出来事の中、僕は何も感じない。
知らないのと、忘れてないのと、覚えてないの。

「どれも別に、うれしくはないね」

「あ、ずるい」

コトコは怒りながら、短く笑った。
其れからソファにポスンと座り、ペットボトルのお茶を飲んだ。

「ああ、つまんないの」

僕は笑った。

「それはよほど、つまんないんだな」

コトコはため息を吐き

「うん、つまんない」

ペットボトルのお茶を飲み、笑った。

「ああ、つまんない」

テレビを眺め、含むように、また笑った。

フランス生まれの哲学者なら
こんな時、こんな僕等を見て、何と言うだろう。

何も知らない。
自分自身が何になるのかも。
自分達が、これから何をしたいのかも。

コトコはソファの上であぐらをかきながら、髪を結った。
スウェット生地のショートパンツの隙間から伸びる
白く伸びた太腿に触れたいと思った。

今夜、誰が救われ、誰が苦しみ、誰が悲しんでいるだろう。

ほとんど全てが無関係だが
しかし世界の何処かで其れは本当に起きていて
今夜、誰が救われ、誰が苦しみ、誰が悲しんでいるだろう。

「たのしいこと、あるかな?」

「そりゃ、あるよ、多分」

「いつ?」

僕等には、方法が必要だった。
人生を上手くこなす為の、知識と経験が必要だった。

しかし、こなすべき人生の色も形も知らないのに
どうやって重さを知れば良いのか。
其れが解らなかった。

重さを知ることもなく、方法を知ることは出来ない。
重力を感じずに、宛もなく浮かんでいるだけの、僕等の世界は。
僕等の日常は。

「つまんないのが、たのしいよ、僕は」

コトコが首を曲げ、天井を見上げながら、笑った。

「はぁ?」

「だから今、たのしいよ」

「ははっ」

君に触れたいよ、コトコ。
冷めた君をどうにか温めたい。
君を乗せて、重さを確かめたい。
柔らかそうな白い太腿に触れたい。
誠実な気分のまま果てたい。

「知らないのと、忘れてないのと、覚えてないの」

「うん?」

「どれも別に、うれしくはないけどね」

「うんうん」

経験不足の僕等には、どうにも難しい世界だ。
ヘザーグレイのラフなショートパンツ姿のコトコは
随分と退屈そうな世界の中で、僕を誘惑していた。

「忘れたくないとは思うよ」

フランス生まれの哲学者なら
こんな時、こんな僕等を見て、何と言うだろう。

焼き付けておきたいよ、だけれど無理かも。
其れでも今も、焼き付けておきたいと願っている。
ヘザーグレイの、美しい曲線に、僕は手を伸ばしたい。

「忘れたくない」

僕等の日常は、大体がごちゃ混ぜで、どうにも解らない。
白黒はっきりさせたいところだけれど、どうにも難しい。

ほとんど黒の白と、ほとんど白の黒を
絶妙な割合で混ぜながら、過ごしている。

君に触れたいよ、コトコ。
冷めた君をどうにか温めたい。
君を乗せて、重さを確かめたい。
柔らかそうな白い太腿に触れたい。
誠実な気分のまま果てたい。


つめたくて、たまに、あたたかい。


かたくて、たまに、やわらかい。


きらいで、たまに、いとおしい。


きたなくて、たまに、うつくしい。


コトコはペットボトルのお茶を全て飲み干すと
両手を高く伸ばし、息を吸い込み、目を閉じて言った。

「ああ、ほんと、つまんないねぇ」

其れから随分と、満足そうに笑った。
やはり僕は、瞬間、其れを保存しておきたいと願った。
スポンサーサイト
[ 2014/09/25 02:53 ] 小説 | TB(-) | CM(0)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。