VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  2019年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

From Shin Sapporo of the EARTH

v8_4.jpg

FMドラマシティ
第1.3日曜放送中
ボストーク8号

公開トークイベント
《BOSS TALK ∞》
OPEN 12:30
START 13:00
観覧無料

北乃カムイ憑依隊 02 SAYANO
カラオケLive & ファン交流会
《RENDEZVOUS》
START 15:00
当日2500円

日付 2019.1.27(sun)
会場 北海道 新札幌 カラオケピロス基地
スポンサーサイト
[ 2019/01/26 23:45 ] RADIO TXT | TB(-) | CM(0)

red13

red13.jpg

13番目の火星へ

約束ならば 果たせそうにも ないけれど

まず此処までは 休むことなく歩いてこられた


言葉は失ってしまったけれど まだ話している


13番目の火星へ

信頼ならば 応えられそうにも ないけれど

まず此処までは 止まることなく生きてこられた


絶望は溶けてしまったから もう思い出せるよ


13番目の火星へ

期待ならば 気体に混ぜて 機体に乗せたんだ

また通信を開始して 何度でも 僕は其処まで飛ぼう
[ 2019/01/13 21:22 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)

art

1935870974_187.jpg

特別なモノは

特別なモノでは ナクなった

僕とキミのモノは

僕とキミのモノでは ナクなった


例えば 僕のための ウタが

僕だけのための ウタでは なかったみたいに

ああ それから 僕のための キミが

僕だけのための キミでは なかったみたいに


人差し指に 火星の衛星を 乗せて

キミは満足そうに 欠落してしまった と 笑って

僕は 土星の輪を 持て余していた

約束なんか 嫌いで


ああ 宇宙は ボクラだけのモノでは ナクなった


とてつもなくて ひろすぎて それは初めからで

知らなかっただけで 知ろうともせずに 僕は世界を語って

キミはヒレを生やして 泳ぐように飛んで 跳ねて消えて 消えた

僕は地面を這うように 手足をもがれて這うように 泳ぎ また 飛ぶよ


特別なモノは

特別なモノでは ナクなった

僕とキミのモノは

僕とキミのモノでは ナクなった


例えば 僕のための キミが

僕だけのための キミでは なかったみたいに

ああ それから 僕のための イマが

僕だけのための イマでは なかったみたいに


人差し指に 火星の衛星を 乗せて

キミは満足そうに 欠落してしまった と 笑って

僕は 土星の輪を 持て余していた

約束なんか 嫌いで


水だらけの豊潤な惑星だよ ニコ

まだ 死んでなど いない

沈んでも 浮かぶだけだ

呼吸だけ忘れるな


水だらけの豊潤な惑星だよ ニコ

生やしたヒレで 泳ぐならば

ソコは もうキミの場所だよ

呼吸だけ忘れるな


特別なモノは

特別なモノでは ナクなった

当たり前になって もう 笑えるくらい


僕とキミは

僕とキミでは ナクなった

キミのためのイマだ もう 笑えるといい


僕ならば 何度でも手を伸ばし

這うように 泳ぎ また 飛ぶよ
[ 2019/01/13 20:18 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)

cornus controver

1935455321_75.jpg

僕が何を残したかったのかを 思い出している

何時までも続くと 信じて止まぬ 慢心が

僕を此処まで連れて来て 今 問いかけている

お前の命は 何なのだ


僕は今 何色なのだろう

すっかり くすんで 汚れてしまって

洗い流しても 呆れ果てても 思い直しても

もう 其れは 純粋ではなく 透明ではない


放射状に伸びた枝葉を一本 選択し

切り落とした先端から 流れる樹液の色を


其の身に名を付け 形を作り 命を宿すなら

何色が良いだろう


純粋ではないならば 透明ではないならば

既に存在しているならば 何かに影響しているならば

他愛もない出来事に 傷付けられ 過ごしているならば

誰かを傷付け 其れにも気付かず 過ごしているならば

救われるならば 裏切るならば 許されるならば 繰り返すならば

其れを何色と呼ぶだろう


僕が何を残したかったのかを 思い出している

何時までも続くと 信じて止まぬ 慢心が

僕を此処まで連れて来て 今 問いかけている

お前の命は 何なのだ


欲望を溶かした水を 飲み干して 君のこと考える

何時か途切れて 終わるのならば 何を残せば 残せば

誰にとっても退屈な日 誰かにとって特別な日 誰かの生まれた日

終わる日 始まる日 繰り返す日 思い出す日 忘れる日

忘れたことさえ忘れる日 また思い出す日

考える日 君のこと考える日

僕のこと考える日


僕の命に 火を点けて

細い糸に 火が点るならば

この小さな色を 何と呼ぼうか


残した 何か を 何と呼ぼうか

残した 何か を 何と呼ぼうか
[ 2019/01/13 20:16 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)
目次
★説明




★短編






★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。