VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  謳え!ヘリヌンツェウス風のように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

謳え!ヘリヌンツェウス風のように



僕達が子供の頃といえば、近所の森でカブトムシなんかを追いかけていたもんですよ。

最近の子供達は、カブトムシなんて、想像上のモンスターだとか、
カードゲームに出てくるキャラクターか何かだと思ってるんじゃないですか。
レベルアップしたら進化するとか思ってるんじゃないですか。

僕達が子供の頃は「大きいカブトムシを捕った奴が偉い」みたいなルールもあって、
みんな競うように森の中に入って行ったもんでしたよ。
スゴイ奴になると自分の背丈と同じくらいのカブトムシを捕ってきて、
そいつの背中に乗って悠々と森から出てきてましたからね。
松風に乗った前田慶次みたいなもんですよ。

そんな少年時代を思い出して作りました。
それでは新曲、聴いてください。

--------
【 謳え!ヘリヌンツェウス風のように 】 作詞:蜜蜂リリィ 作曲:勝手に歌え

1
謳え 風のように ヘリヌンツェウス 謳え

毎週木曜日に カラオケ屋で唄え

お前は悠久の大地をさすらう 風のようだ いや水のようだ

マヨネーズで和えた小松菜のようでもある いいから早く唄え

お前が唄わないと 皆も次の曲入れにくいんだって ほら早く

いいから唄えや! 空気読めよ!


2
謳え 風のように ヘリヌンツェウス 謳え

ディルアングレイを アカペラで唄え

お前のデスボイスは 失敗した野良犬の鳴き声のようだ

闘莉王が デスボイスで国家斉唱したら 面白いのにな

今のは 闘莉王 と言いたかっただけで 実際は別に誰でもいい

巻でもいいし 中村でもいいよ


※サビ

ラララ 舞え 舞うのだ ヘリヌンツェウス (今夜こそ)

ラララ 鳥だ 鳥なのだ お前は鳥だ ヘリヌンツェウス


というか さっきから思ってるんだけど ヘリヌンツェウスって誰だよ 

え お前が連れて来たカブトムシ? あ そうなんだ? へぇ~

じゃあ それ 昆虫じゃん

じゃあ それ 昆虫じゃん
関連記事
[ 2007/06/20 13:16 ] 詩歌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。