VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  全国の女子高校生のみなさん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全国の女子高校生のみなさん。



往年の名作アニメ【ヤッターマン】がリメイクされたらしい。
その第一回放送が、昨夜19:00から放映されていたので、少しだけ観てみた。
僕は別に専門的にアニメに興味がある訳ではないけれど、やっぱり良い作品だと思ったな。
観ていて純粋に、ワクワクしたり、ドキドキしたりする作品が、今の世の中には必要だ。

わざわざ悲惨な生、または性、ドラッグ、レイプ、自殺願望なんかを恋愛に絡めて、
さも「良い物語でしょ?」なんてやってる素人ケータイ小説群にウンザリしているのだけれど、
僕らが本当に欲しいモノなんて、もっと単純で、もっと純粋なモノなのかもしれない。

全国の中年達が懐かしがったであろう【ヤッターマン】のリメイクは、
同時に「ヤッターマン、コーヒー、ライターを続けて言ってみて」という、
日本一下品でくだらないギャグの復権を意味する。非常に素晴らしい。

このセクハラご法度の世の中で、
可憐な乙女達に「ヤッター!マンコー!ヒーライター!」と言わしめる、
そのあまりにも馬鹿らしすぎる、男達の飽くなき情熱よ。
その馬鹿げたオッサン達の情熱が、あの時代の高度経済成長を支えたのだ。
そう信じたい。

現代であればセクハラで訴えられても、おかしくないだろう。
喜んで訴えられようではないか。高らかに叫ぼうではないか。
「ヤッター!マンコー!ヒーライター!」
なんとおめでたい。

そりゃ「ヤッター!」と叫びたくもなる。
今日も一日頑張ろう!と思えるよ。開いてんだもん。
どうしてパチンコが何時の時代も飽きる事無く好まれるのかと言えば、
あの「開けチューリップ」な感じが、潜在意識的にセックスを表しているからであろう。
あの穴に玉が入っていく瞬間は、やはり最高のエクスタシーなのだ。
ヤッター、ヤッター、ヤッターマンなのだ。

閑話休題。

さて今回のタイトル「全国の女子高校生のみなさん。」であるが、
これは【ヤッターマン】に出てくる【ボヤッキー】というキャラクターの名台詞である。
胡散臭い詐欺師みたいな男が、毎回「全国の女子高校生のみなさ~ん」とい言うのである。
非常に胡散臭い。

元祖【ヤッターマン】の放送当時に女子高生だった乙女達は、
今ではもう50歳に近い年齢になっているはずである。さすがに乙女とは呼べない。
それでもボヤッキーが「全国の女子高校生のみなさ~ん」と問いかける時、
全国の女性達は、やはり女子高校生である。その瞬間は、純真無垢な子供である。

現在リメイクされた【ヤッターマン】で同じ台詞が流れたとして、
現在、女子高校生である彼女達も、同じように歳を重ねるだろう。
だが十数年後、この台詞を聞く瞬間は、やはり女子高校生に戻るのである。
戻って良いのである。

それが優れた作品に許される権利である。
時間を越え、世代を超え、その瞬間に、誰もが何かを分かち合える。
だからこそ今、ヤッターマンがリメイクされる事に、何ら違和感など感じない。
絶望的な事柄をスパイスにして、擬似的な感動を提供する作品が映画化されるよりは、
ずっとずっと好ましい。(何故なら、それらの作品は十数年後に、我々に何を与えるのか?)

昨日は成人式だったようだ。
例年のような問題行動は少なかったのではないか?
ここを読んでいる人の中にも何人かの新成人がいると思うが、立派だったと思う。

全国の女子高生、もとい全国の新成人のみなさんよ。
これからは、自分達が作るのだよ。
何を?時代を。

大人に、誰かに与えられたモノに、偉そうに注文つけるのも良いだろう。
簡単に「クソだw」と笑い飛ばすのも結構だ。
だがね、これから自分で生み出していこうとする世の中は、
思った以上に上手くなんていかないし、簡単に挫折してしまえるような世界だ。

そしてまた、君達が懸命に生み出した世の中を見て、
若い世代が「くそだw」と鼻で笑い飛ばす。
まぁ、そういう世界なんだ。

その度に「今の若い奴等は……」なんて言うようになるんだろ。
大体、みんな、そうしてる。
その内、若い奴等の気持ちが解らなくなっていく。
自分だって昔は、若い奴等だったのにね。
だけど忘れてはいけないんだよ。

ボヤッキーが詐欺師みたいな声で、
「全国の女子高校生のみなさ~ん」と言う。
その瞬間、誰もが女子高校生の気分になっているようにね。

そして男は何歳になっても、ドロンジョ様に、幼いエロチシズムを感じている。
幼すぎるリビドーを半勃起させながら、誰もが少なからずドロンジョ様に憧れているのだ。
そして本日も、大人達は仕事に向かう。
呑気に引き篭もって、ニートだ何だって言ってる場合じゃないんだぜ。
新成人も、既に大人と呼ばれている我々も、自分達の頭と力で、世の中を作らなければ。
もしも若い世代に、鼻で笑われたとしても、尚、上を目指すんだ。

ブタでさえ、上手くおだてりゃ木に登るんだぜ。
関連記事
[ 2008/01/15 09:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。