VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  動脈

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

動脈



退屈なんだと誤魔化して ヘッドフォン 付けちまうんだ

欲しがるほどに 上手くいかないよな

目に映る素晴らしいモノ全て 僕のモンだとしたら 

僕はどれを一番 素晴らしいモノだと思うんだろな


曖昧なんだと誤魔化して かったるい 逃げちまうんだ

求めるほどに 上手くいかないよな

君に宿る素晴らしいモノ全て 誰のモンでもなくて

僕は君の声に触れるのさえ 迷ってしまうんだよな


僕の中の鉛 鉄 灰色で君に反応しても 何にも聴こえないんだ

聴かせてくれよ リラ リラ こんなヘッドフォンじゃ何も聴こえない

君の中の鉛 鉄 赤色は君を何処まで連れて行ってしまうんだろ

教えてくれよ 君がいる場所を 鉄塔と円盤は何も届けてくれない


僕に浸透する 静脈を駆け抜ける存在 何か足りないよな

僕を扇動する 心臓を突き抜ける感覚 音が足りないよな


ああ そうか

何て事ない 手を当てるだけで良かった

また聴こえる 君の心音


ああ そうか

何て事ない 手を当てるだけで良かった

また聴こえる 君の心音
関連記事
[ 2008/02/29 13:50 ] 詩歌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。