VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  小説 >  #FFD700

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

#FFD700



ハンドルを大きく左に切ると、信号機が頭上を通過していった。
黄色から赤色へ変わろうとしている。だけれど通り過ぎた後では、もう関係ない。
近付く春を教えるように、雪解けの道は濡れている。その上を、タイヤが水を撥ねながら回転していく。
何処かに行こうとしている訳ではない。これは帰り道だ。単なる、家路に着く為の運転だ。

カー・ステレオから音楽は流れない。代わりにAMラジオの下品な笑い声が流れている。
太陽は沈み、国道沿いの街灯が一列に並び、対向車線を走る車の量は少なく、それらが今は夜だと教えているが、コンビニエンス・ストアの照明は昼間のようだし、暇を持て余した大学生は、安いファミレスのドリンク・バーで朝まで過ごすだろう。夜の意味は、それほど重要ではない。

「冷房、効かせても良い?」

助手席から声。
切り揃えた前髪の下にある小さな瞳で、彼女は僕を見ると、そう呟いた。
冷房を効かせるのは構わない。構わないが、今、車内は暑くない。それどころか、少し寒い。

「良いよ、良いけれど、寒くない?」
「そうね、寒いわね、ねぇ、冷房、効かせて良い?」

僕が答える前に、彼女は勝手に手を動かすと、細い指で機械を弄った。
車内に風が吹き、流れ始めた冷気に手を当てると「寒いわね」と言った。

「寒いよね、今は暖房を効かせる方が、身体に優しいと思うのだけれど」
「前、見て、信号、赤」
「あ、」

ブレーキ・ランプ。
タイヤの回転は止まるが、濡れた路面の上で、それは惰性のまま進む。
激突。

「ああ、事故だ」

僕は呟いたが、それは何処にも響かなかった。
深夜の国道は、国道とは言え車の通りが少なく、まるで座礁した船のように、僕の車は歩道に乗り上げ、電柱に激突して止まった。ヘッド・ライトが、電柱と暗闇を照らしている。それは音も無く、何故か、不気味だ。

「大丈夫?」助手席から声。
「大丈夫、それより君は?」
「大丈夫」

ああ、どうするべきだ。とりあえず警察に連絡するべきかな。
それともJAFを呼ぶのが先だろうか。単独事故の場合、黙って逃げても解らない気がするけれど。
「さて、どうしようか」携帯電話を取り出して、その画面を、僕は眺めた。

帰り道だったんだ。
今から何処かへ行こうとしていた訳では無い。これは単なる、家路に着く為の運転だった。
「暫く、こうしていましょうか」
彼女は呑気に呟くと、助手席を後に倒し、窓の外を眺めた。

「ねぇ、あれ何座?」
「……どれ?」
「あのね、オリオン座の近くにある、あの明るい星」
「おおいぬ座」

ハザードを点すと、深夜の国道は赤色の点滅に染められた。
人通りは無く、車の通りさえ無い。国道だというのに、誰も僕等の存在にすら気付かない。
事故を起こしてしまった。だけれど何も無い。今すぐ逃げる事も出来るけれど、逃げる気も起きない。

「あれはおおぐま座?」
「詳しいね」
「だとすると、あれが北極星」
「ポラリス」

黄色輝巨星。不動なる者。
只、そこに存在するだけで、必要とされる者。
僕は何者なのか? 解らない。事故を起こして、逃げずに止まっている者。
今頃であれば、彼女と別れて、家に着き、ベッドの中で安らかに眠っていたかもしれない。
安穏と緩慢の毎日だ。何を得る事も無く、何を失う事も無い。AMラジオからは下品な笑い声が流れている。

「何処に行こうと、僕等はポラリスの下にいるんだ」
「何それ?」
「別に」

夜が深く、深く、溶けるように深く沈んでいって、僕等を飲み込んでしまえば良いのに。
星さえも見えなくなって、目指すモノさえ解らなくなったら、僕等の不安も少しは解消されるだろうか。
逃げる事なら何時だって出来る。携帯電話で警察を呼ぶ事だって。何だって。

「何だって出来ると思っているんでしょ。やろうと思えば、何だって出来るって。
 だけれど君は、そのどれ一つにも手を付けないで、出来ない事に、わざわざ理由を付けているのよ。
 北極星に理由を付ける人がいるなら、それは北極星を必要とする人だわ。動かぬ者を必要とする人だわ」

どうして彼女は、冷房を効かせた?
彼女の声は一切の怒気を含まず、それでいて厭になるほど流暢だった。
彼女は傾斜した座席の奥から、星を眺める視線の先から、何者でも無い僕に向けて、言葉を発した。

「必要だから名前を付けられただけよ。
 必要だと信じる人だけが、それに名前を付ける事が許されるのよ。
 それ以外の人にとって、名前なんて何の意味も無いし、何の価値も無いわ。
 だって多くの人達にとって、北極星なんて、無くたって生活は出来たはずなんだもの。
 ねぇ、それで? 何処にも動かぬ君には、一体何が出来るのだろうね? それとも何も出来ないかしら?」

僕は携帯電話を眺めた。
それからカー・ステレオから流れる下品な笑い声を消した。
静かだった。そのまま飲み込まれるほどに。何も無い何かに飲み込まれるほどに。


静かだった。


「すみません、国道で事故です。
 乗用車が電柱に激突しました。はい、単独事故です。怪我人はいません。場所は……」

僕は警察に電話をかけた。
驚くほど冷静な口調で、まるで他人事のように、状況を説明した。
全ての説明を終えて、電話を切った瞬間。
僕は、逃げた。

「ははははは!」

僕は、笑った。
まるで漫画のように、笑いが止まらなかった。
窓を全開にして笑った。凍えるような空気が流れ込んでくる。
白い息が心地よかった。

僕は逃げた。ベコベコの車で逃げた。逃げる事が出来た。
楽しかった。
気が付くと、僕等の頭上から、ポラリスは消えていた。
西の空から、朝日が昇ろうとしていた。

「ねぇ、見て、太陽」

朝方の国道を、ベコベコの車が走っている。
それは、どう見ても事故車だった。
朝日に照らされている。

それは朝日に照らされて、金色に輝いていた。

僕と彼女は、それを眺めて、また笑った。
関連記事
[ 2008/03/07 18:33 ] 小説 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。