VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  汝は春に、時を刻む。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

汝は春に、時を刻む。



前回、前々回と、結婚を話題にした日記に、
沢山のコメント・メッセージ、どうもありがとうございました。
未婚者が言ってる事なのでね、既婚者の方達が聞いたら、
「何言ってんだ、この甘ちゃんが!」と言いたくなるような事もね、
色々と書いたと思うのですが、正面からキチンと読んでくださって嬉しかったです。

「現実は甘くない」っていうのは、
結婚でも、進学でも、就職でも、何でも同じですよね。
一個「ああ、真実だなぁ……」と思った良いコメントがあったんですが、
【定時に旦那さんが帰ってきて皆でご飯。これすらも難しい】(※さとさんのコメント)
確かにね、家族みんなでご飯を食べたいだけなのに、それすらも難しい。

僕は、文章を書く人間ですから、どれだけ「現実は厳しいなぁ」と思っても、
これからも、理想論や綺麗事を、言い続けていこうと思っています。
そういう小説や、詩を、書き続けていこうと思っています。

それを読んで、皆さんが「現実はそんなに甘くねぇよ」でも良いし、
「ああ、そんな風になったら良いよね」とか「夢見るのはタダだしな」とか、
何でも良いから、何気ない日常の、ほんの一瞬にね、ほんのちょっとだけでも、
何かを考えるキッカケになったり、忘れそうになってたモノを思い出したり、
ほんの少しだけでも微笑んじゃうような時間のキッカケになれたら良いなって思う。
おこがましい話だけれど、僕はそう思う。

さて、すっかり春ですね。
僕はあまり春は好きな季節ではないのですが、せっかくなので楽しもうと思っています。
自分が何年生きられるかなんて解らないけれど、20歳なら20回、40歳なら40回、
60歳まで生きても60回しか、春という季節が巡ってくる事は無いんだなぁって思います。

だから、運よく、たまたま、一緒の時代に生きているアナタ達と、
楽しみながら過ごしていけたら、どれだけ幸せだろうなって思うよ、僕は。

春風で

大好きな人のスカートがめくれたら

それを 僕が見ていたら

それだけで きっと 世界は素晴らしいよ。
関連記事
[ 2008/04/04 19:21 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。