VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戯言



昔に戻りたいとは、思わないのです。
気の合う人達と話していると、必ず一度は誰かが言うのです。
あの頃に戻りたいよねと。もしも戻れるのなら、どの頃に戻ってみたいかと。

昔に戻りたいとは、思わないのです。
それでも時に、たまに、あの頃の良き日々を思い返したりするのです。
もしも今、もう一度やり直せるならば、きっともっと上手にやってみせるのに、と思うのです。

それでも、やはり、昔に戻りたいとは思わないのです。
失ってしまったモノは、まだ失われず、壊れてしまったモノは、まだ壊れておらず、
大好きだった人達と、大切だった人達と、もしも最初から、もう一度やり直せるのだとしても。
大好きだった人達と、また最初から巡り合い直すなんて面倒なんです。
息吐きながら自転車で登った坂道を、もう一度登ろうという気にはなれないのです。
そんなの面倒くさくて、こんな面倒くさがり屋の僕は、あんな面倒くさい事を乗り越え、此処にいるのだもの。

もしも昔に戻ったら、母親は若くて、父親は笑って、あの小鳥は部屋中を飛び回って、
大好きだったテレビ番組は、まだ打ち切りにはなっていなくて、朝七時に目覚めて学校に向かって、
暇潰しのアルバイトに精を出して、叶えたかった夢を諦めるには早くて、言えなかった恋を手に入れる事も、
何だって出来るのかもしれないけれど、そんなの今だから思える事だって、忘れたくはないのです。

あんなに面倒な坂道を登って、今、此処にいる呑気な僕が、意外と僕は好きなのです。

昔に戻りたいとは、思わないのです。
そんなに面倒な坂道を登り終えた今でさえ、まだ坂道が続いているのを、僕は知っているし、
あんなに人を傷付けたのに、きっと今だって、知らず知らずの間に、こんなに人を傷付けているのです。
大好きな人達には悪態を、大切な人達には迷惑を、何にも学ばず、頭を下げて、まだ坂道を登っている。
昔に戻っても、僕が変わらない限り、昔は変わらないのです。同じ坂道を辿って、此処に戻って来るのです。

それでも此処に来るまでに、
僕が出会った大好きだった人、大切だった人、
どうか今でも元気であれと、
願って止まないのです。願って止まないのです。

それでも此処に来れたから、
道は分かれて散り散りに、心は離れて散り散りに、
後生会う事無い現在でも、
願って止まないのです。願って止まないのです。

全てに責任さえ取れない僕のタワゴトなのです。
昔に戻りたいとは、思わないのです。
僕は今が、大好きなのです。
何より好きなのです。

それでも此処に来るまでに、
僕が出会った大好きだった人、大切だった人、 二度と会う事の無い人よ。
お元気ですか。大好きですよ。愛してますよ。
どうかお体には、気を付けて。
関連記事
[ 2008/06/08 05:02 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。