VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  「なんかみんな」って何回言うんだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「なんかみんな」って何回言うんだ。

210.jpg

なんかみんな。なんかみんな昨日、微妙に興奮してるなぁと思ったら、2008年8月8日だったんですね。
それでなんかみんな「888!」とか言って、「末広がり!」とか言って、「末広涼子!」とか言って、
最終的に「何か良い事あるんじゃね!」みたいなテンションになっちゃって、なんか興奮してたんですね。
いや、誰も「末広涼子」とは言ってませんでしたけど。まぁ、なんかみんな昨日は楽しそうでした。

いや、でもなんかみんな、意外と語呂合わせが好きというか、縁起物が嫌いじゃないというか、
この21世紀、あらゆるオカルトが淘汰されていく世の中で、この「888は縁起いい」という心情はなんというか、
忘れかけた和の心とでも申しましょうか、いわゆるアニミズムの一種、「数字に魂を宿す行為」でありましょう。

何故なら「8」という数字には本来、数学的要素以上に、特別な意味など存在しないはずなのであります。
そこにわざわざ「末広がりだから縁起がいい」「しかも横並びに三つ揃っている」という理由を付けまして、
その日、一日、何となく幸せな気分になれるとは、何と素晴らしい感覚なのでしょうか。
なんか、みんな素晴らしいよ!なんか、みんな感動しちゃうな僕、そういうの!そんな気持ちでいっぱいです。

繁栄する文明、氾濫する情報の中で、なんかみんな大切な事を、忘れてしまっているのかもしれません。
だけれど、フとした瞬間に、とても些細な事かもしれないけれど、例えばこの「8が三つ揃っている」という、
何の生産性も、何の消費性も無い事実に遭遇した瞬間に、なんかみんな幸せな気分になる。
それって、なんかとても素晴らしい事じゃないですか。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は「8」という数字が、なんか好きなんです。8が好き。
カレーとタバコと数字の8があれば、何とか生きていけるような気さえします。いや、単なる錯覚です。無理。
数字の8で生きていくとか無理。そりゃ無理です。だって栄養ないもん。無理無理。死んじゃう。カロリー0。
だけど、なんかみんなにも、そういう気持ちを解ってもらえる部分があるんじゃないかなと思います。

例えば朝、目が覚めた時に、最初に頭に浮かんだのが、大好きな人だった時。
それだけで、なんかみんな、一日、頑張れるような気がするじゃないですか。
例えば昼、自分が渡ろうとする信号機が、行く先、行く先、ことごとく青だった時。
それだけで、なんかみんな、一日、頑張れるような気がするじゃないですか。
例えば夜、テレビを点けた時に、なんか偶然、ユースケ・サンタマリアが叫んでた時。
それだけで、なんかみんな、一日、やっと終わったな、お疲れ自分、と思うじゃないですか。

とにかく、カロリーなんて存在しないモノから、要するに、なんか形の無い何かから、
意外なほど、僕達はエネルギーを貰ってるという訳です。なんかみんな、意外とそうなんです。
この情報にまみれた薄汚れた社会を離れて、なんかみんな生きてるって感じがするよね!ビバ人生!
そんな気分になっちゃった人は、一回病院行っておいた方が良いと思いますが。とにかく、ビバ人生だぞと。
ビバ人生なんだぞと。お前の人生、ビバだぞと。ビバ止まりだぞと。もっと頑張れよと。レッツ!バスロマン!

あれ?なんかみんな、引いてない?
関連記事
[ 2008/08/09 06:54 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。