VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  長編:レンカ >  レンカ song : 3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンカ song : 3

この町に花は咲かない。



灰色の空を見てた。

もう随分と長い間

ワタシはココでこうしていた。



辿り着いた冬の町。

雪しか降らない町。



この町に花は咲かない。



粉雪の空を見てた。

もう随分と長い間

ワタシはココでこうしていた。




ずっと雪を見てた。

ずっと空を見てた。




この町に花は咲かない。







いつか、花は、咲くだろうか。








icon-renka.jpg
song : 3








ココに辿り着いてどれ程経ったろう。

もう随分と長い間同じ景色を見てた。




雪が地面を白く覆い隠す。




長く伸びた髪の毛を耳にかけると

ココから見える普段のココの風景が見えた。

特に新しくも無く、実に見慣れた風景だった。





冬しか無い町には

花が咲かなかった。




花を咲かせる土砂の地面は

命を生み出す力強い生命は

白くて冷たい雪の下だった。



花が好きだった。

だからワタシはココに

幾つかの手持ちの種を蒔いた。







戦場にも、花は咲いていなかった。






戦争が続いていた頃。

ワタシは戦場に出された。

ワタシは女だったけれど

或る日戦場に召集された。

年齢と性別は関係無かった。



其れが

ワタシが生まれた国と

ワタシが生きる時代の

正しい事だった。








窓の外を見る。

雪は止んでいた。

少しだけ窓を開けると

冷たい風が入ってきた。



ワタシは見慣れたココを見渡し

水を汲んだ。

ワタシは種蒔いたココを見守り

水を与えた。








そう、戦争があった。


戦争はワタシの肉体に傷を付けた。


戦争はワタシの身近な人を奪った。


戦争はワタシの大切な性を弄んだ。


アレが、正しい事、だった。





戦争の跡。

目の前に残された風景は

見たくも無い風景だった。

ワタシはもう何も感じないように

機械になってしまいたいと思った。



だから傷付いた体を

少しずつ少しずつ

機械と交換していった。



体を機械にしていけば

やがて何も感じなくなるだろう。

体を機械にしていけば

要らない感情も無くなるだろう。



怒りも

悲しみも

虚しさも

悔しさも

もう感じなくて良いのなら

笑えなくなっても良かった。





或る日ワタシは


左腕に5つの言葉を刻んだ。


其れは


刻んでから捨てるべき5つの言葉だった。


ゆっくりと深くナイフで5つの言葉を刻んだ。


流れる血は機械の油のように無機質に感じた。


5つの言葉を深く深くワタシの左腕に刻んで。


最後にワタシは、ワタシの左腕を切り落とした。





嗚呼、コレでもう何も感じなくていい。





体を機械にしていけば。


体を機械にしていけば。


体を機械にしていけば。


体を機械にしていけば。


体を機械にしていけば。


もう何も感じないで生きていられる。



























歌が聴こえた。





























或る日


耳を澄ませると


少し開けた窓から


歌が聴こえてきた。


其れは


ナクシタモノを


慈しむように嘆く


優しくて悲しい


泣き声のような歌だった。








嗚呼、コレはワタシの歌だ。








ずっとワタシが歌いたかった歌だ。


だけどワタシには、もう歌えない歌だ。


慈しむように嘆く、優しくて悲しい歌だ。








嗚呼、コレはワタシの歌だ。








ワタシの代わりに歌う


其の誰かの声を聴いて


ワタシは泣いた。










ワタシは、泣いた。
















この町に花は咲かない。


だけどワタシは種を蒔き


毎日こうして水を与える。




この町に花は咲かない。


だけどワタシは花を待ち


毎日こうして種を育てる。




するとホラ


少し開けた夜の窓からは


今日もあの歌声が聴こえる。




ワタシは窓際で歌を聴き


其の歌声の主に手紙を書く。


どうしようもなく純粋な


子供のような、手紙を書く。




「歌を聴いています。」




この町に花は咲かない。








いつか、花は、咲くだろうか。

関連記事
[ 2008/12/04 10:28 ] 長編:レンカ | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。