VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  長編:レンカ >  レンカ song : 4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンカ song : 4

狂うように吹雪け。

もう何も見えない。

視界は白く染まり。

もう何も見えない。



狂うように吹雪け。

もう何も感じない。

肉体は白く埋まり。

もう何も感じない。






吹雪け。



吹雪け。



狂うように吹雪け。





汚れて。





白くして。





全て隠して。










お願い、溶けないで、吹雪け。








icon-renka.jpg
song : 4








目が覚めた時、ココは寒かった。

窓を眺めると外は吹雪いていた。

隙間から風が入り、音を立てた。

然程珍しい光景でもない。



ココは寒い。

毛布を体に巻き付けた侭で

ワタシは温かい紅茶を煎れた。




コーヒーとミルクは苦手だ。


温かい紅茶に砂糖を混ぜて丁度いい。


温かい紅茶の湯気は、ココを暖める。


其れから


握った指を暖め


掴んだ手を暖め


含んだ唇を暖める。


舌先を暖めた後で


喉を通り中へ入り


体を暖めて


心を暖める。


飲むという行為は好きだ。




窓の外は吹雪だった。

決まってこんな日は夢を見る。

決まって戦争の頃の夢を見る。



だからワタシは夢の中で

もっと吹雪けと強く願う。

そうすれば夢の中は

全てが白くなり何も見えなくなる。





狂うように吹雪けばいい。





紅茶を飲む。





毎夜、歌を歌う誰かに

ワタシは手紙を書いた。

誰に届けたら良いのかは

ワタシにもわからなかった。

只、宛ての無い手紙を書いた。




伝えたい。




ワタシが聴いてる事を伝えたい。

ワタシが感じてる事を伝えたい。

ワタシが生きてる事を伝えたい。

切り落としたはずのワタシの左腕は

其の歌声へ繋がろうと、手を伸ばす。




伝えたい。





ワタシは手紙を届けた。

一言だけの手紙を届けた。

次には3行だけの手紙を。

少しずつワタシの存在を。

届けた。



日曜日。

其の日は晴れだった。

ワタシは窓を開けて

種に水を与えていた。



歌が聴こえた。

昼から歌が聴こえた。

毎夜、聴こえる歌だった。






ナクシタモノを


慈しむように嘆く


優しくて悲しい


泣き声のような歌。






なのに綺麗な歌。





水を与える手を休め

ワタシは歌を聴いた。

窓際に腰をかけると

風が伸びた髪を揺らした。





其の日は一日中、歌が、聴こえた。





素敵な日曜日をありがとう。

すぐにワタシは手紙を届けた。

そして次の日も手紙を届けた。

歌声の誰かに、伝えたかった。




ワタシは生きている。


ココで存在している。


切り落とした左腕が手を伸ばす。


だから音を立て存在を知らせる。


ワタシは生きている。


ココで存在している。


伝えたい。


ワタシの電話が鳴り響いて


ワタシは、只、音を伝えた。






雪は、日々、積もる。





知りたいと

関わりたいと

会ってみたいと

触れてみたいと

思うのは

だから至極当然の心理だった。

だけどコレ以上は、近付く理由が無かった。



アナタは歌を歌うだけで。

ワタシは歌を聴くだけで。

互いに一方的に音を伝えているだけ。

実際には何の接点さえ無いのだから。



其れにワタシは

戦争で醜くなったワタシを

他人に見せる気は無かった。



ワタシはワタシを

汚く醜いモノだと

思えばいい。



アナタもワタシを

汚く醜いモノだと

思うだろうから。



ならばこのまま交わらずに終わるのもいい。

今までも随分と長い間、ワタシはココでこうしていた。

ならばこのまま交わらずに終わるのもいい。

なのにワタシの左腕は、こんなにも切なく手を伸ばす。





会いたい。


会いたい。


会いたい。


なのに


相対する。


感情を抱えた侭。






この町に花は咲かない。






汚さや醜さなんか

必要なかったのに

どうしてこんなに

増えていくのだろう。



汚さや醜さなんか

必要なかったのに

どうして人は人を

理不尽に汚すのだろう。












嗚呼、綺麗なモノが見たい。










狂うように吹雪け。

もう何も見えない。

視界は白く染まり。

もう何も見えない。



狂うように吹雪け。

もう何も感じない。

肉体は白く埋まり。

もう何も感じない。






吹雪け。



吹雪け。



狂うように吹雪け。






汚れて。





白くして。





全て隠して。










お願い、溶けないで、吹雪け。










やがて全てが、水になるように。

関連記事
[ 2008/12/05 08:24 ] 長編:レンカ | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。