VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  小説 >  89.0m/s

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

89.0m/s

273.jpg

wait.

平和すぎるんだ。
俺にも出来るはずだ、と今でも信じているんだよ。
頭が狂いそうなmusic. その最果てみたいな声と、その声を生む声。
世の中には素晴らしきモノ達が沢山あって、その素晴らしきモノ達の中に俺も入って居たい。

それが衝動だよ。そして自我だ。何が出来る? と考える。
何を今更。全てが遅すぎる。随分と長い間、俺は俺の人生を放置した。
放置したまま放棄した。年齢に、生活に、金銭に、納得した。だけれど思うのさ。

「それでも」

それで俺は空中の、何も無い虚空の、その一点で呼吸した。
想像した世界を想像した通りに実現させる方法を模索した。
理不尽な社会。馬鹿な上司。資本主義。意味の無い平等意識。
脳味噌なんかは初めから無いんじゃないか? 
その全てを受け入れるか、壊すか、嘲笑うかの選択を迫られたなら、俺は叫ぶぜ。

ぬけぬけと爽やかな笑顔で叫ぶんだ。
それがどんなに卑猥で、乱雑で、下賎な台詞だろうと誰にも解りはしないだろう。
情報の何割かを共有したなら、残りの何割かは右クリックで捨ててしまえる社会だ。
それでも。
何にも伝わらなかったんじゃないかって思う日くらい、落ち込む日は無いんだよ。
何にも伝わらない事は。

「悲しい事だ」

そう、悲しい事だからな。
俺の言葉はそんなにも、誰にも何にも響かないモノなのか?
何の価値も無く何の意味も無い思想に大層な理想を込めて、まだ言葉にしている。
全く進んでいる気がしないぜ。まるで周辺を88.0m/sで回遊しているだけ。
今、この瞬間にも、俺は×××てしまいそうなんだ。
だから笑える方法を探す。

その為に俺は来た。
俺にも出来るはずだ、と今でも信じているんだよ。
頭が狂いそうなmusic. その最果てみたいな声と、その声を生む声。
世の中には素晴らしきモノ達が沢山あって、その素晴らしきモノ達の中に俺も入って居たい。

今日という日は始まったばかりだ。午前8時8分。蒸し暑い朝だぜ。
文字をカタカタ打ちながら、こんな行為に何にも意味なんて無い事を、俺は知っている。
だけれど止めはしないんだ。
全くまるで呼吸と同じに、何も無い虚空の、その空中に、吐き出してやるぜ。
世界は本日も愛で満ちているか?

地球を吸い込むように、深呼吸。

渇望しているぜ。まだ何も足りない。
朝日の角度と同じくらい、まだ俺には先がある。
明日には死ぬかもしれない。だが明日の事なんて知らない。
明日、もしも全てが止まるとしても、まるで意味も価値も無くても、俺は進むんだ。

89.0m/s。
繰り返して前進。
それが新たなる一歩だ。
関連記事
[ 2009/08/09 12:02 ] 小説 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。