VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  言霊の効用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言霊の効用

「言葉に魂は在るか?」

例えば存在が懐疑的だと言われるモノ、
幽霊・超能力・UFO・UMAの存在は信じないのに、
言葉には力が在ると信じる人が多いのは、何故だろう。

言葉には力が宿る、と言う人が居る。
あたかも言葉を発した人の魂が乗り移ったかのように、
其れは言霊と呼ばれる、のだそうだ。

本当だろうか。
霊魂の存在は否定しても、言葉には魂が宿るだろうか。
だとしたら、魂って何だ?

感情。
言葉に込めた気持ち。
其れって「根性」みたいなモノだろうか。
少し違う気がする。

水と蛋白質を混ぜて、かき回しても、人間には成るまい。
同じように文字を何個も羅列しても、言葉には成るまい。

仮に、其れ等が運良く、人間に成っても、言葉に成っても、
其れ等に魂が宿っているかは、非常に疑わしい。
しかし僕達は信じようとする。

僕達自身に、魂は宿っていると。
僕達自身が気持ちを込めた言葉に、魂は宿ると。
其れは何故だ?

恐らく、其れは経験だろう。

言葉に救われた経験が、誰にでも、少なからず在る。
誰かの発した言葉に、声に、僕達が救われた時、
僕達は言葉を「生きている」と感じた。
単なる文字だとは思わなかった。

同じように、僕達が誰かに救われた時、
僕達は相手を身近に感じ「生きている」と感じるだろう。
相手の存在を、相手の残した言葉を「生きている」と感じるだろう。
場合によっては、其れが既にこの世に居ない相手でも、そう感じる瞬間が在るかもしれない。

そんな風にして僕達が、本来は目に見えない、存在が不確かなはずの何かを、
確かに「生きている」と認識した瞬間、其処に魂は存在するのではないだろうか。
例えば、言葉に。
例えば、音楽や、絵画や、僕達の存在に。


「言葉に魂は在るか?」


多分、在るだろう。


「ならば、言霊に効用は在るか?」


解らない。だけれど。
言葉に、誰かの人生を照らすほどの力が、在ると良いと思う。
そんな言葉が書けたらなと、僕は思う。
関連記事
[ 2010/04/19 23:27 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。