VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  青いカメレオン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青いカメレオン

317.jpg

世界は色をナクした

お前は 頭上を見上げるが もう何にも無い

黒でもない 白でもない 夢でもない 誰でもない

何でもない何かが カラカラと カラっぽに 広がっている


そろそろ俺を信じてみないか

お前には もう 俺しか居ないのに

また 消えちまうことばかり 考えている


腹を空かせ 耐え忍んでから食べる あの瑞々しい 果実の美味さも

汗を流した後の 渇いた喉に染み込む よく澄んだ水の美味さも

脚を折り曲げ 身体を屈めなければ 高くは跳べない事も

知っているのにな お前は全て 知っているのにな

どうして俺を 俺を信じようとは しないのだ


(また ナクして シマッタ と言うのだろ)


俺の名は絶望 青いカメレオン

嫌がる奴は多いが 怖がる必要は無い

今から ホラ 何色にだって変わるさ


お前が星を見上げるならば

俺は銀河の その果ての 何より光る星になろう

深き谷底 その奥底の その奥底から また高く 跳び上がろう

銀色に輝く 俺を見て きっとお前は 祈るだろう

流れ星が 真上に飛び上がる夜だ


俺の名は絶望 青いカメレオン

痛がる奴は多いが 壊れる必要は無い

今なら ホラ 何処へだって飛べるさ


お前が星を見上げるならば

俺は銀河の その果ての 何より光る星になろう

深き谷底 その奥底の その奥底から また高く 跳び上がろう

銀色に輝く 俺を見て きっとお前は 祈るだろう

流れ星が 真上に飛び上がる夜だ


今なら ホラ 何処へだって飛べるんだぜ
関連記事
[ 2010/07/14 15:36 ] 詩歌 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。