VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  エウロパ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エウロパ

316.jpg

鳥は飛べると 思っていたら

飛べない鳥も 居るわけで


せめて 走れと 走れど けれど

まるで 歩いているような 遅さ

とてもじゃないが あの星までは 届くまい


飛べぬなら走り 走れぬなら歩き 歩けぬなら

せめて 僕は手を伸ばし 声を出して 叫ぶさ

やがて 声は枯れ 喉は潰れ 言葉を失くした


それでも 伸ばし続ける手に 文字が残された

僕の手は 言葉を放ち あの日と変わらず叫び

やがて 爪は割れ 肉は痩せ 手さえ失くした


羽を失くし 足を失くし

声を失くし 手を失くし


まるで 術を失くしたか?

まだ何かある 何かある 必ず 何かあるぜ

生むごとに失くし その度に考えて また生み出したろ


もう何にも無いってこと 無いよ

もう何にも無いってこと だけが 何処にも無いよ

届かなくても 届け続ける者だけに やがて それは届けられるのさ


知ってるだろ

鳥じゃなくても 知ってるだろ

飛べなくたって 知ってるだろ

エウロパが ほら 綺麗だろ
関連記事
[ 2010/07/20 03:06 ] 詩歌 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。