VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  Trekking boots

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Trekking boots

333.jpg

君が踏み出した一歩は 足の裏で感じていれば良いよ

目は真っ直ぐに 往くべき先を見て 背は凛と伸ばして

どんな足跡だろうか だなんて 振り返らない方が良い

君が踏み出した一歩は 悲しくも優しき 覚悟を決めた一歩だ


例えば 真っ白な雪の上 振り返り

自分の足跡を眺めながら 真っ直ぐに歩くなんて

とてもじゃないが難しいってこと 想像するのは あまり難しくない


ところが 時の流れや 季節の移り変わりってのは

そんな簡単なことさえ 分からなくさせてしまうから 厄介なのさ

転ぶ前に 迷う前に 自分の道を見失っちまう前に 君は知っておくべきなのさ


君が残した足跡ならば

他の誰かが 君を大切に想う誰かが ちゃんと見てるさ

君は気付けないだけさ

自分の足跡を見ることに ずっと必死だったのだからさ


君が踏み出した一歩は 足の裏で感じていれば良いよ

目は真っ直ぐに 往くべき先を見て 背は凛と伸ばして

どんな足跡だろうか だなんて 振り返らない方が良い

君が踏み出した一歩は 悲しくも優しき 覚悟を決めた一歩だ


さぁ 真新しき 強き一歩を 踏み締めるんだ
関連記事
[ 2011/01/02 03:49 ] 詩歌 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。