VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  直列

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

直列

349.jpg

言葉は 難解なことほど 軽やかに

春の道を 君と漕ぐ 自転車のペダルみたい


彼の詩なんて 信じてんの ありゃ嘘だよ

あんなの見るくらいなら 僕の絵を見てよ


言葉は 簡単なことほど 穏やかに

春の日に 君と過ごす 小さな図書室みたい


彼の絵なんて 信じてんの ありゃ嘘だよ

あんなの見るくらいなら 僕の歌を聴いてよ


ガムを噛んだら味が無くなって

好きなジュースは飲み干して

君が揺らしたブランコも

今じゃ止まったままだよ

終わらないモノなんか無いのかね


世の中は 信じられないことばかりだよ

大切なことほど 信じられないものだよ

何時かは 僕も消えちゃうなんて 信じられないし

何時かは 君が消えちゃうなんて 信じたくもない


宇宙の始まりと終わりが 何処かに在るのかなんて 僕は言えない

もしも明日 彼の科学が全てを解明したとして 言いたくなんかない


言葉は 平凡なことほど 鮮やかに

春の日に 君と摘んだ 蒲公英の花束みたい


彼の科学なんて 信じてんの ありゃ嘘だよ

あんなの信じるくらいなら 僕の言葉を信じてよ


言葉なんか信じてないで 僕を見てよ
関連記事
[ 2011/03/10 10:19 ] 詩歌 | TB(-) | CM(-)
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。