VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  713

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

713

最期の音が 聴こえなくなるのが 僕は怖かった

最期の曲なら もう終わったのに


口笛を吹くのも忘れ 貝殻を耳に当て 目を閉じたのだろ

何も聴こえやしないよ 優しい人の手にも 気付かぬまま


7分13秒 ほんの短い時間

それを世界の全てだと思っていた


最初の音が 聴こえてくるのが 僕は怖かった

最期の曲を ずっと聴いて居たかった


言葉を探して 文字で埋めた 真っ黒なページなんて

誰にも見せられたもんじゃないよ 優しい人の目にも


7分13秒 ほんの短い時間

それを世界の全てだと思っていた


世界は一方通行で 後戻りは出来ないから

せめて立ち止まって居たのさ

あの歌が聴きたくて


7分14秒 新しい歌声が聴こえる

次の最初の一秒

次の最初


水中では 青く 小さな泡が浮かぶ
関連記事
[ 2011/07/13 18:25 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。