VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  ジェット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェット

死にたくなるほど悲しいことなんて

世の中に そう多くは無いよ


まったく無い とは言わない


君の悲しみの大きさなんて

僕は知らない


僕のジェットで 空を飛んで

君を 突き破っていけたらな


まったく まるで馬鹿らしいと

鼻で 笑ってやるんだけどな


ところが僕には ジェットがないから

残念だな ああ 僕もまた 悲しいんだ


それで僕は

どうやって 僕のジェットを作ろうかと

考えている


材料と 燃料を 探している

超合金の塊と

超高温の熱で

飛び上がろうと また懸命だ


このまま こんな空想に

もう少しだけ 付き合ってくれよ

もしも それを本当に 形にするのなら

君にも声をかけようと 今 考えていたところ


僕のジェットで 空を飛んで

君を 突き破ってやれたらな


いっそ 僕の足を切り落として

最先端のジェットに変えてしまおうか

だめだな 歩けなくて不便だ


だからさ

僕は歩いて行くよ

君に会いに行くよ


君の悲しみの大きさなんて

僕は知らない


僕は知らないよ


君に会いに行くよ
関連記事
[ 2013/04/30 21:38 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。