VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  休日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

休日

時間が足りないんだ

どうにも一日が短くてさ 嗚呼

太陽が沈んで 次の瞬間 また昇って


君が居なければ もっと自由に

あんなことや こんなことも なんて


眠い目をこすって 

目覚めてもいなかったくせに


君が居ると 何も出来ないと思ったのに

君が居ないと 何をすれば良いのか 解らないや

僕のベッドはからっぽで 雑音と無音は やけに静かで


何処にも行く予定はないよ

あんなに何処かに行きたかったのに


時間が減らないんだ

どうにも一日が長くてさ 嗚呼

太陽が沈んで 中々 まだ昇らなくて


君が居なければ もっと自由に

あんなことや こんなことも なんて

眠い目をこすって 目覚めてもいないくせに


近頃じゃ 嫌煙家だらけで

僕はもう 深呼吸さえ出来ないで

片手に火種を抱えたまま 持て余したまま


読みたい本もあったけれど

観たい映画もあったけれど

聴きたい曲もあったけれど


目を閉じれば 嗚呼

僕の日常から 君の味がするよ

噛み尽くした 萎れたガムみたいに


僕は一人 君を搾り出して

唾液交じりの 蜜を集めるみたいに


太陽は昇るよ きっと そのうち

搾り尽くした 真っ赤な果実みたいに
関連記事
[ 2013/08/24 22:07 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。