VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  詩歌 >  トースト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トースト

ぼくの毎日が 真っ赤な

悲しみに 染まったら きっとさ

空よりも長い 鉛筆で ぜんぶ塗りたくって

それから星を 何個か描くよ


きみがいなくなったら いやだな


残酷なニュースなんか 見たくもないのにさ

朝早くから またもや聞こえてくるよ

きみの顔を 見ていたいな


笑顔だって 寝顔だって

ふくれっ面だって いいよ

ぼくの手は リモコンになって

おきにいりの表情を 探すんだ


やがて 真っ黒に塗りたくった 夜が明けて

何個かの星が 誰かの願いをかなえて

おいしいトーストが 焼けたなら

ぜひとも きみと食べたい


きみがいなくなったら いやだな
関連記事
[ 2013/10/21 03:23 ] 詩歌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。