VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  スポンサー広告 >  長編:胡 【Butterfly】 蝶 >  胡 【Butterfly】 蝶 / 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

胡 【Butterfly】 蝶 / 2

■K

僕へと繋がる糸を切って。

ハサミで一本ずつ切って。

宙ぶらりんで最後の一本。

宛もないまま浮かんでいる。


最後に残った糸は、君だよ。

--------
■R

ジョイサウンドとダムの違いなんて聞かれても、私には関係ない。
ジャイアンツとタイガースのどちらが好きかと聞かれても、私には関係ない。
ジャニーズを語るのは、人前で政治や宗教を語るのと同じだから避けておきたい。

サブ・カルチャーの素晴らしさを力説する奴ほど信用ならないモノは無いし、
かといってオリコン・チャートを追いかける奴とは友達になりたいと思わない。

肥大した自我が可愛いのは二十五歳まで。 知ってるよ。
あとは乙女の成熟できない思考と感性による単なる戯言に過ぎない。
同級生だった女達は、本日も地元のカラオケで女子会を開き、憂さを晴らす。

私に出来る事は何だったのかって、今でも考えるよ。
それを今やれ、今すぐに、とも思う。ところが私には出来ない。
出来るはずだと思いながら、結局は何もしないし、結果、何も出来ない。

偉そうに格言めいた愚痴を溜め込むばかりで、今の私に出来る事といえば、
同級生だった女達のルームに、色鮮やかなカクテルと、ポテトを運ぶ事くらいだ。

カシスオレンジ・ワン。ファジーネーブル・ツー。フライドポテト・オーケー?

--------
■Y

卵が先か、鶏が先かは知らないが。

宇宙が生まれる最初の一点。
無から有がポトリと零れる最初の一点では、
僕は彼女の名前を、まだ知っているはずだった。

液体にもなれず、固体にもなれぬまま、
唯、今にも溶け出しそうな、熱を伴ったままの、何か。


(説教臭いんだよ、アイツ)

(解る、自分だって出来てないくせに)

(風俗に行って、風俗嬢に説教する奴みたいな)

(否、そんなに大層なモンじゃないな、せいぜい――)


――自分で借りたDVDを見ながら射精した後に馬鹿らしくなって、
デッキから取り出したDVDを部屋の隅に放り投げる程度のモノだ。

乱暴にジッパーを上げると、湿度の高い部屋を出た。
例えばこの先、僕のセイシが何処へ向かおうと、まるで構わないし、
投げ捨てられたゴミ箱の中では、どれもティッシュ一枚分の価値さえ無い。

書きたい事があったけれど、書こうと思った瞬間に忘れた。
目覚めた瞬間に忘れる淫猥な夢みたいに、またしても傑作を取り逃がした。
題名を打ち、一行目の文字を探したが、既に其れは何処にも存在しなかった。

これは何の為の文字だ。
これは何の為の情報だ。
これは何の為の――


(人生だ)


卵が先か、鶏が先かは知らないが。

宇宙が生まれる最初の一点。
無から有がポトリと零れる最初の一点では、
僕は彼女の名前と、僕自身の名前を、まだ知っているはずだった。

胡蝶
関連記事
[ 2015/05/03 02:07 ] 長編:胡 【Butterfly】 蝶 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
目次
★説明


★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。