VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  RADIO TXT >  VOSTOK8 Monologue.(002)

VOSTOK8 Monologue.(002)

radio_vostok8.jpg

本日の《ボストーク8号》放送終了。

今回で第2回目。
僕達は集まったばかりの4人組で
まだまだ馴れないことばかりだけれど
この番組には沢山の可能性があると思う。

今、僕が一体どこに向かっているのかと問われれば
僕が住む町に新しいカルチャーを芽吹かせたいのだ。

偉大な先達が築いてきた、この町に。

これは大それた話ではある。
この町には沢山の人が住んでいて
ラジオ番組ひとつとっても、今現在だって
多くの先輩達がステキな番組を放送している。

僕は世渡りも上手くないし
愛想も悪いし、目付きも悪くて、愛嬌もない。

別に僕が騒がなくたって
この町のことを考え、憂い、行動している
沢山の先輩達がいることだって知っている。
もちろん同級生や、後輩だっている。

ただ、僕がこの町で生まれ、育ち
今もこの町で働き、暮らしている限りは
この町を作るのは「誰か」ではなく「僕ら」だ。

僕は、新しいカルチャーを芽吹かせたい。

このシニアと学生の町になりつつある町に
これから大きく再開発されていく町に
ここを舞台に生きるのは僕らだ。

偉大な先達には感謝しつつ、僕は行動しよう。

僕が愛してきたアートは
いつか全て必ず繋がるはずだ。

最高の仲間がいる。
まずは最高に面白いラジオ番組を作ろう。

明日になるのが楽しみになるような。

180819v8.jpeg

http://776.fm
関連記事
[ 2018/08/20 00:00 ] RADIO TXT | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
目次
★説明




★短編






★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR