VOSTOK8 blog - Astronaut' Monologue TOP  >  RADIO TXT >  VOSTOK8 Monologue.(003)

VOSTOK8 Monologue.(003)

radio_vostok8.jpg

9月16日《ボストーク8号》放送終了。

今回のテーマは「1994年のGAME」だった。

Music Curator NAOTOが選んだBGMは、サンタナの「The Game of Love」。
この日のNAOTOのmusic collectionはとても凝っていた。全曲を通して一本の、直前に起きた地震に対するメッセージが込められていた。それはほとんどの人が気付かないほど、番組の進行に差し支えないほど、それでいて彼の内側に潜んだメッセージが存分に詰まった選曲だった。

スタジオにはミキシングのMats。
それからアシスタントの北乃カムイ@SORAN。
そして僕が座っていた。

打合せとリハーサルが少し遅れる中、開始時間が迫ってきた。

ややぶっつけ本番の雰囲気で番組は始まったのだけれど、そのときにMatsが言った「やるしかない!なんとかなる!」という、やけに体育会系(本人は文科系)な発言に、僕達は思わず笑った。

まだチームとして集まって間もない僕達には、いつも本番前になると多少の緊張感があるが、こんなMatsの何気ない言葉で随分と和らいだ。オープニング曲が流れる中、少し打ち解けたような空気が流れていた。

「ヤーチャイカ」

この一言から始まる、短いオープニング・トーク。

そこで僕が気付いたのは、北乃カムイ@SORANの明らかな成長で、8月に「北乃カムイ憑依隊 01 ピンク担当」として活動開始してから今日まで、きっと様々なイベントを経たことで、声の出し方や表情が変わっていた。それは恐らくは自信だとか、そういった類のものだろう。

Music Curator NAOTOが選んだ「The Game of Love」に乗せて、僕達は「1994年のGAME」について語った。

MOTHER2、Super Street FighterⅡ、FinalFantasyⅥ
SEGA SATURN、PLAYSTATION、Super Family Computer……

楽しかった。
しかし、まだこれからだ。

相手を納得させる実力。
有無を言わさぬ説得力。

行動力。
知識と語彙力。

圧倒的な待望感。
絶対的な信頼感。

何をするにも味方が必要だ。
僕達は、より強く、より高く跳ぼう。

Are you mocking us?
We will transcend you someday.
We grow strongest in the future.

→ VOSTOK8 FILE03 by Naoto Kitayama

180916v8.jpg

関連記事
[ 2018/09/17 20:08 ] RADIO TXT | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
目次
★説明




★短編






★長編小説














★短編






★お笑い








Blog Search
QR CORD
QR